【リディアード式練習】少しずつ改善、モチベーションアップ!

このところ忙しくてブログの更新が滞っていたが、練習は続けていた。

12日(金)は、毎週木曜日にやっていた有酸素走を実施(11日は忙しかったので)。

78分を5’24/kmのペースで14.3km走る設定。

ターゲットのボルグ指数は3~5、心拍数は136~156。

早朝に雨の中、緑道を1周少々した結果、75分で14.81kmを走った。平均ペースは5’05/km。1キロごとの平均心拍数は141~161bpmのレンジになり、上下ともターゲットを5上回った。全体の平均心拍数は155。

最後は少し疲れたが、この2週間くらいでは一番良い感じで走れた。

13日(土)ロング有酸素走。

108分を5’28/kmのペースで19.6km走る設定

ターゲットのボルグ指数は3~5、心拍数は136~156。

この日は前日、昼から夜にかけて外国から日本に旅行に来た友人を接待して疲れていたうえ、ややお酒も残っていたので、不調。

123分を5’33/kmのペースで22.2km走った。心拍数のレンジは129~163。平均は153

前回のロング有酸素走が110分を5’23/kmで20.4km走って、心拍数のレンジが132~163、平均155、という内容だったので、今回の方が少しパフォーマンスが低かった感じだ。

14日(日)は休んで、15日(月・祝)にアウト&バックを実施

65分を5’07/kmのペースで12.6km走る設定

ターゲットのボルグ指数は4~7、心拍数は145~169。

結果は60’54を4’56/kmのペースで12.48kmを走り、心拍数のレンジは138~174、平均は162となった。

ちなみに前半のタイムは31’06、後半は29’48となり、意図したとおり、後半のペースを少し上げることができた。

想定よりやや速いペースになったが、良い練習ができた感じがした。土曜日のロング走の調子が悪かったので、体力が低下したのではないかと少し懸念したが、前回のアウト&バック(6/30:58’54、12.22km、4’49/km、146~179bpm、平均168bpm)よりも高いパフォーマンスを残せた。

直近の数字は過去の好調時と比べるとガッカリする水準だが、ここまでの流れを俯瞰してみると、少しずつ改善している様子が分かるのでモチベーションが上がる。

そして今日はジョグ。ズームフライ・フライニットを履いて走ってみた。

履いたのは今回で5回目くらいだが、どうもこのシューズは自分には合わない気がする。僕はヒールストライカーであるせいか、走っているときにこのシューズの特徴の推進力が感じられないし、踵が高いうえにアッパーがニット素材で柔らかいので、どうも不安定。それにこのシューズを履いたときに限って左膝が痛くなる。

そんなわけで、シューズに違和感を感じながら走っていたので、あまり気持ちよくなかった。

最後はペースアップしてみたが、やっぱり走りにくい。試し履きで歩いたときは面白い感触!と思ったが、自分に合っているかどうかは、走ってみないと分からないものだ。

さて、明日はまた有酸素走を行う予定。コツコツ頑張りますよ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ


にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ


にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ


にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング

ホルモン注射3ヵ月-テストステロンの値が一気に改善

以前、男性更年期障害と診断されて、ホルモン注射を受けることにしたと書いた。

当初5週間は毎週1回注射を打ち、その後は2週間ごとに注射を打つことになった。3ヵ月経過したらまた血液検査をして様子を見るとのこと。

2、3回打つと、集中力が続かず頭が働かない状態が改善してきて、仕事への支障は少なくなってきた。

ただランニングのときのスタミナ不足はなかなか改善せず、注射を続けていたところ、ケガで鍼などの別の治療を受けた治療院の先生から、腎臓が悪くなるからしばらく休んだ方がよいと言われて、1ヵ月くらい息が上がるような運動をほぼ完全にやめた。

すると疲労感が抜けたうえ、別の血液検査で肝臓の値が大幅に改善していたので少しずつ練習を再開し、ゆっくり20キロくらい走れるようになったというのが今の段階。

注射を打ち始めたのが3月下旬なので、もう3ヵ月経過した。そこで経過を知るために先日、血液検査を受けてきた。

その結果、遊離テストステロンの値が4.5pg/mLから28.4pg/mLに改善した!

いやー、ホルモン注射って効くんだな~。前は60代の基準値下限よりも低かったのに、今回は30代の上限近くになった。やった!これで大手を振って走れるぞ!

・・・と思ったが、一つ気になる点が。

クレアチニンの値が1.21mg/dLと過去最高を更新していたのだ。

治療院の先生にしばらく休んだ方がいいと言われたのは、男性更年期障害でランニングを続けると腎臓病のリスクがあるからだ。

男性ホルモンの値が改善したものの、腎臓の機能の指標であるクレアチニンが悪化しているのは要注意だ。

腎臓とか肝臓とかは、悪くなってもなかなか自覚症状が出ず、本格的に悪くなったらもう戻らないんだそうだ。

次はクレアチニンの悪化を抑制する方法を研究しないと(汗)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング