ランニング

運動器カテーテル治療を決断

こんにちは、ダメっ子のぴぴおです。

最近も毎回毎回、体力の低さを嘆いているが、1年前のブログを見返してみたら、同じように嘆いていた。

しかもその当時の体力は、今から見るとうらやましいくらい・・・。

さらに!2年前のブログを見ても、おんなじ状況だった。

日々是改善日記と銘打ってブログを書いているのに、改善どころか日々確実に悪化し続けているではないか!

2017年3月頃にオーバートレーニング症候群になり、6月からランニングをストップし9月頃から再開。その後、2018年5月くらいまでは昇り調子で体力が回復していったが、それから今まで2年間、ほぼ一貫して体力が低下し続けている。2018年3月の古河はなももマラソンは3時間9分台(ネット)で走れたが、2019年3月の古河はなももマラソンは3時間17分、同年11月の「つくばかマラソン」は4時間超え。今はキロ5分で10キロ少々が多分限界。

この悪化サイクルに終止符を打つべく、2017年の不調の元凶となったハムストリング付着部炎を完治させるため、運動器カテーテル治療を受けることにした!!

治療にはウン十万円もかかるのだが、10万円の特別給付金も出たし、今年はコロナで夏休みの旅行にも行かないので、金銭的には奇跡的に余裕がある。しかも、しばらくレースもないので、じっくり治すにはもってこいの時期でもある。とはいえ、自分のことだけに家族旅行に匹敵するお金を使うことには抵抗があったし、自分ごときが大したレベルでもない趣味のためにそんな大金をはたくことにも抵抗があった。

なので、クリニックで診察を受けて手術を勧められたときは、治療を受ける気はさらさらなかったのだが、嫁さんが受けてもいいと言ってくれた。それどころか、ランニングのパフォーマンスが日々低下して毎日しょぼくれている僕を見て、それで治るんだったらぜひ受けろと勧めてくれた(涙)。

このケガは、2016年9月に日の出前の真っ暗な緑道を走っていて、倒木につまずいて無理な体勢で転倒を回避したときにハムストリングスを肉離れしたのがきっかけで起こった。それ以来、スピードを上げることや、負荷を強くかけた練習をすることがほとんどできなくなり、だんだんパフォーマンスが低下して今に至る。お尻が痛いので、おそらく自然に走りが小さくなり、最近は歩く速度もだいぶ遅くなった。

この痛みが解消すれば、また自由に練習ができるようになるだろう。そうすれば、またランニングのパフォーマンスが少しずつ回復し、再び自己ベストに挑戦できるようになるかもしれない。

今までパフォーマンスの改善を目指して、いろんなことを試してきたが、ほとんどうまくいっていない。今度はうまくいって欲しい。とにかく手術が終わったら、協力してくれた家族に感謝して、今まで以上に周到に、かつ気合いを入れて、パフォーマンスの改善に取り組む!

治療の詳細や経過については、追って報告する予定。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

楽天注目商品