快活クラブFit 24のビジター利用を試してみた

こんにちは、ぴぴおです。

以前、快活クラブのジム「Fit 24」に入会したとドヤ顔でブログを書いたが、実は3ヵ月であっさり退会したw。

金銭的な理由からだ。

会費は月額6980円+消費税の7678円と、この手のジムとしては決して高くないのだが、僕の練習サイクルでジムに行けるのはマックス週2回。1ヵ月最高8~9回になるわけだが、仕事の都合や疲労によりスキップせざるを得ない日が1ヵ月の中にたいてい出てくる。

仮に月に7回行けたとしても、1回あたり1100円弱になる計算。5回や6回だったらもっと割高になる。

一方、Fit 24にはビジター利用制度(都度利用)もあり、快活クラブの会員であれば、10分当たり150円+消費税の165円で利用できる

自分の場合、1回1時間弱の利用のことが多いので、1回の利用料は165円x6=990円程度になる。

これでいいんじゃね?と思った次第である。

ビジター利用の際の手続き

で、実際にビジター利用を試してみた。

ちなみに、ジムを解約したときに会員カード(入り口のドアを開けるのに使う)を返却する必要はなく、そのまま快活クラブの会員証として使えるとのことだった。

つまり、僕のようにジム会員を辞めてビジター利用をする場合、新たに快活クラブの会員になる必要はない。

ジム会員のときは、直接ジムに行ってカードでドアを開けて入れば良かったが、ビジター利用の際は、必ず快活クラブの受付で手続きしなければならない

「ビジターでジムを利用したいんですけど」

といって、会員証を出すと、誓約書(中身は読まなかったけど、たぶんケガをしても当社は責任を負いませんとかいうことが書いてあると思われる)に署名を求められる。

電話番号と日付を書いて署名をすると、首から下げるカード入れに入ったジムのカードを渡してくれる。これを使ってジムに入ることができる。自分の会員証では入れない。

あとは普段どおりトレーニングをして、帰りに再び窓口に行って精算する。

ちなみに、快活クラブには自動精算機があるが(店舗による?)、ジム利用の人はカードを窓口に返さなければならないので、自動精算機は使えない

僕はそれを知らなかったので、試しに自動精算機を使ってみたが、返却すべきものがあるとのメッセージが出てきて精算できなかった。

ビジター利用の感想

Fit 24の利便性を気軽に享受できるという意味で、ビジター利用はなかなかよい制度だ。

ジム会員になろうか迷っている人がお試しで使ってみるのにもってこいだ。

僕のように月間の総利用時間が短い人にとっても有意義といえる。

しかし、正規のジム会員の場合と比べると、次のようなデメリットがある。

  • ジムになかなか行かなくなる

僕は貧乏性だから、会費がもったいないと思ってジム会員を辞めたわけだが、そうなると今度は利用料をわざわざ払ってジムに行くのがおっくうになって行かなくなる。

ジム会員の時は、「せっかく月額料金を払っているから、行かないともったいない」と思って積極的に行くようになったのとは対照的だ。

ジムに行って体を鍛えるという目的を果たしたいのなら、特に貧乏性の人は、ちゃんとジム会員になった方がいいかもしれない。

  • 窓口の手続きが面倒

手続き自体はたいしたことがないのだが、快活クラブは窓口が混んでいることがあるので、待ち時間が発生する。

利用開始手続きの時はまだしも、精算の手続きで時間がかかると、そこで利用料が上がってしまったりする

現に、僕は上記のように自動精算を試して失敗したときの料金は825円だったのだが、窓口に並んでいる間に10分の境目を超えてしまい、990円になってしまった!(どこまでも貧乏性w)

なお、ジム会員だと、快活クラブの飲み放題カフェが毎日1時間無料で使えるという特典があるので、この特典を利用する人の場合、ジム会員の魅力がさらに高くなる。

以上を踏まえ、ビジター利用を続けるか、ジム会員に復帰するか、はたまた2時間500円の市営のジムに鞍替えしようか、悩んでいる。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

楽天イベント情報