10Kビルドアップ2周連続で復帰後ベスト更新

こんにちは、ダメっ子のぴぴおです。

昨年9月からの度重なる故障から復活し、先週は平日(水)の10キロのビルドアップで、10キロのあらゆるメニューの復帰後ベストタイムを更新。日曜日の14キロのビルドアップでも前の週の記録を1分以上更新した。

そして本日は水曜日。10キロのビルドアップを再び行った。

走り始めると、いつになく足裏にしっかりと力が乗る感じがする。先週よりもだいぶ速い序盤のラップタイムにもそれが表れている。しかも今日はガーミンの距離判定がいつもより厳しいので、実際のペースは時計が示す以上に速い模様。

ここ何年か、僕は脚に負担をかけず、体力を温存することを意識して走っていたのだが、近年はそのせいでどんどん走りが小さくなっていた。脚の筋肉を使わないので筋力が低下して、さらに走りが小さくなり、それがまた筋肉の低下を招くという悪循環が生じていたと思われる。走りのパフォーマンスが下がっていった一因はここにあるのだろう。

ところが、このところ、ゆっくり走るときに足裏にしっかり体重を乗せることを意識していたら、力感のある走りが少し戻ってきたのかもしれない

しかし、この走り方だとふくらはぎが疲れるし、心肺もややきつい。

終盤は体力が持ちそうになくなり、8~9キロは少しペースを落として楽をしてしまった。が、最後の1キロは頑張ってペースアップ。先週に比べるとラストのフォームは乱れたが、最速タイムが出た(4’18)。

緑道の距離表示に基づく10キロのタイムは47’09。復帰後ベストだった先週のタイムを55秒も更新

ガーミンで10キロになるまでさらに200m走って終了。ぴぴおさん、よく頑張りました(パチパチパチ)

この2週間くらいは順調に体力が回復している感じがする。

5月までフラットな5.7kmのコースでビルドアップを行っていたときは、アップダウンのある緑道での10キロのビルドアップで平均5分を切れるようになるのは、当分先だと思っていたが、意外に先週あっさりと達成でき、今週は4分40秒台にも突入した。4分半で走れるようになれば、ハーフくらいのレースに出ても、まずまずのタイムで気持ちよく走れるだろう。

やはり、練習のサイクルとして、疲労抜きジョグをゆっくり走るのが今の自分にはすごく効果的なようだ。疲労抜きジョグでも体力を向上させようとか色気を出してはいけないのだ。血流を良くして脚や心肺の疲れを癒やすことに徹するべきなようだ。

超久しぶりにいい流れが来だした!この調子で頑張ろう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村

楽天イベント情報