ランニング

秋のレースシーズン終了:春のメインは古河はなもも!

昨日の大田原マラソンの欠場で、秋のレースシーズンは終了した。

ケガとオーバートレーニング症候群から回復しつつあり、レースに出るのが楽しみだったが、結局、4本のレースにエントリーしたものの、出場したのは10キロ1本とハーフ1本の計2本のみ。本命レースだった横浜マラソン(フル)は中止になり、代わって本命レースになった大田原マラソン(フル)は仕事の都合で出られなかった。

大田原の欠場については、やはり連休ではない日程で遠方のレースにエントリーするのは、仕事のスケジュール上、リスクが大きいと認識した。まあ、今回のは特別に運が悪かったのだが。

出場した一本目のレースは、10/1の東日本ハーフマラソン(10キロ)。天気もよく、ケガが治ってレースに出られる喜びを感じた。タイムの水準は非常に低かったが、それでも直前の練習の状況を考えると、予想を大幅に上回る出来だった。

二本目は、10/15のタートルマラソン(ハーフ)。こちらは雨で寒く、高揚感はなかったが、タイムはやはり低水準ながら、当時の練習の調子から考えると、かなり良かった。

そこからさらに体調が回復していたので、横浜も大田原も楽しみにしていたが、残念ながら走れなかった。

次の勝負レースは、3月の古河はなももマラソン

ケガはおおむね治っているので、あとはオーバートレーニング症候群からの回復がポイントになる。

一時の歩いているだけで目まいがしたり、手がしびれたりする状況からは完全に脱し、普通に運動ができるようになったが、パフォーマンスはまだまだ。

体調が特に悪くなければ、3時間1桁でいつでもフルが走れる感じだった1年前の状態に及ばないのは当然だとしても、まだ、まじめにランニングをやり始めたばかりの2011年と同じくらいの体力レベルでしかないというのは、何とももどかしい。

9月にはVO2Maxが42から47に回復するなど、急激な体調の回復が見られたが、このところの回復ペースは鈍い。

どうしたらよいのか悩むところだが、やはり、大きな改善は期待せず、姿勢、休養、栄養などに気をつけて生活して、少しずつ体力が向上していくのを待つしかないのだろう。今の体力が6年前の状態なので、1年前の状態に戻すのには5年かかるのかもしれない。長いな・・・・・・。初心者になった気持ちで、またやり直すしかないね。小さな改善を積み重ねていくことに喜びを見出そう

がんばれ、ダメっ子!

 
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング

楽天注目商品