ランニング, 練習メニュー考察

こんにちは!ダメっ子のぴぴおです。

このページをご覧になっているのは、体力不足を感じてランニングで体力を付けたいと考えている方ではないでしょうか。

かつての僕がまさにそうでした。

自宅で翻訳の仕事をしているため、忙しくなるとトイレに行くときに歩くだけで、あとはほとんど一日中座りっぱなしになります。

そんな生活を続けていたら、いつの間にかものすごく体力が低下し、奥さんの買物に付き合ってスーパーやデパートで2時間立ったり歩いた ...

ランニング, 練習メニュー考察, 練習日誌

今日は、ロング有酸素走を行った。

リディアード・ランナーのメニューで定められたターゲットは時間、距離、ペース、心拍数の順に、104~135分、16.8~24.9km、6’11~5’23/km、136~156bpm。

実際の結果は、135分、23.18km、平均ペース5’51/km、平均心拍数151bpm(レンジは129~166)。

ペースは下限に近く、心拍数は上限に近いことから、パフォーマンスは極めて低い水準だったと言える。

オーバートレーニング症候群・男性更年期障害, ランニング, 練習メニュー考察

このところ、絶不調が続いている。

走るとすぐに疲れてしまい、ペースも上げられないし、長くも走れない。ゆっくり走っていても心拍数は大きく上がり、呼吸も荒くなる。そして日に日に調子が悪化していく。

以前も、オーバートレーニング症候群で同じような状況になったことがある。

今回は男性更年期障害による不振が治りかけてきたと思ったら、またぶり返した感じ・・・。しかし男性ホルモンの値は回復しているし、腎臓の値にも大きな問題はないと医師に言われたので ...

ランニング, 練習メニュー考察

僕はリディアード・ランナーで、週に練習をする日数を設定可能な範囲で最低の4日としている。

これは前回試したときに週6回にして多かったからで、指定されていない日も体調が悪くない限りつなぎのジョグはしようと思っていた(リディアードもそれを奨励している)。

ただし、土日にたくさん走るので、月曜日は原則休むことにした。つまり事実上、週6日の練習で回そうとしていたのだが、今週は忙しくて、月曜のほか、金曜も完全休養となった。

結果として、次のよう ...

オーバートレーニング症候群・男性更年期障害, ランニング, ランニング雑感, 練習メニュー考察

僕は2年前にオーバートレーニング症候群に苦しめられ、数ヵ月前からはおそらく更年期障害が原因の体力低下に悩まされている。

ケガや病気ではないのに長期にわたって満足に走れなくなってしまうのは本当に辛い。

一度ならず二度までもそうした状況になってしまったのはなぜだろうか。

男性更年期障害の原因の一つに、運動やその他のストレスにより発生する活性酸素があると聞いた。

そこでふと思い出したのが、1年位前に読んだ「『マフェトン理論』で強 ...

練習メニュー考察

このところ毎日嘆いているように、最近はとにかく体力がない。

練習方法にはいろいろ悩んでいるが、今の体力でも対応できる緩い練習をとりあえず継続していくことにする。

具体的には、福澤式トレーニングの3時間半をターゲットにしたメニューを淡々とこなしていこうと思う。

内容は、水曜に10Kのビルドアップ(6分→5分)、日曜に15Kのビルドアップ(5分半→5分)、その他は毎日、キロ6分30秒のペースで40分ジョグ。

これに土、日はラン ...