土日で43.8キロ、久しぶりにフルマラソンの距離を超える

こんにちは、ダメっ子のぴぴおです。

僕の土日の練習パターンは、土曜日が普通のペースでロング走を行い、日曜日はスロージョグで長めに走るというもの。

最近は、低下した体力を回復させるため、毎週少しずつ距離を伸ばし、土曜日のロング走については、ペースも体調に応じて少しずつ上げている。

先週は土曜日が22.7km、日曜日が19.4kmで合計42.1キロ。フルマラソンの距離に微妙に足りなかった。

今週は土曜23km、日曜日20kmで43kmとし、フルマラソンの距離を上回るのが目標。

まずは土曜日。

筋トレ3種3セットをやって出発し、それから500m走った後、スキッピング3種2セットをやって、再びランニング。

山田富士公園から右回りで走り出すと少しからだが重い。先週感じた足首の痛みはほとんどないが、軽快感もない。

調子は悪そうなので無理せずに行くことにする。

過去最速だった先週に比べると少し遅いペースで推移。

8キロで一旦、足首をぐるぐる。

12キロからの2キロは恒例の「ほぼ全力走」。4’15、4’18で、前半および合計は先週を上回り過去最速。

呼吸を整えてリスタート。先週はペースを気にして、ここからも5分10秒くらいで走ったが、今日は疲れたので無理せずゆっくり。

緑道を出てから先週は早渕川沿いと一般道を経て緑道に戻ったが、今日は早渕川沿いを500m走って戻ってきて、緑道の南側に入り、せせらぎ公園まで行って帰ってきた。

せせらぎ公園ではカルガモの赤ちゃんが近隣住民の注目を集めていた。

緑道北側に入り、陸橋を上っりきっててから1キロはペースアップ(4’52)。

結局、23.26km走って、平均ペースは5’12、平均心拍数は159。

ちなみに先週は22.72、5’07、161だった。

4週くらい連続で少しずつ距離を延ばすと同時にペースを上げてきたが、今週はペースが低下。まあ毎週、改善し続けるはずもないので、これからも淡々とやっていく。

日曜日はスロージョグで20キロの予定で出発。

10キロくらい走ると、日曜朝練メンバーに遭遇。

今まで、緊急事態宣言が出ていたので単独走をしてきたが、宣言が解除されたので、久しぶりに合流した。3月下旬に息子が海外留学から帰ってきたため集団走を自主規制しはじめて以来、2ヵ月以上振りの合流だ。

久しぶりにみんなと話すととっても気分が癒やされた。

20.5kmほど走って終了。一人で走るより楽だったが、それでも結構疲れた。仲間は30km以上走った人が多いようだが、今の自分の体力ではとても無理。

今週は走りのパフォーマンスには改善が見られない週だったが、コツコツ頑張れば少しずつ改善していって、秋頃にはキロ5分で余裕で30km走れるようになっているはず!これからも頑張る。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

ダンベルと鉄アレイの謎

こんにちは、ダメっ子のぴぴおです。

今日はどうでもいい話。

この間、息子が見ていたアニメ「ダンベル何キロ持てる?」の画面にダンベルの英語のスペルが出ていた。dumbbellだ。

あー、ダンベルって、dumb-bellなのか!

今まで英語の綴りを思い浮かべずに「ダンベル」とカタカナでしか認識していなかったが、この綴りを見た瞬間にいろんなことに気づいた。

dumbは「口がきけない」という意味の形容詞だ(他に「頭の悪い」といった意味もある)。つまり、dumb-bellという言葉は、元を正せば「音が鳴らない鈴」という意味なのだ。なるほど~、確かにハンドベルみたいな形をしているし、ダンベルでトレーニングしている様子は音の鳴らないハンドベルで演奏の練習をしているようにも見える。

実際に辞書を引いてみたら、こんなことが書いてあった。

dúmb・bèll
―n.
1 [通例 pl.] (ウエートトレーニングなどに用いる)亜鈴, ダンベル (cf. barbell)
♦a pair of dumbbells
亜鈴一対
♦dumbbell exercise
ダンベル体操.
2 (犬の訓練用の)亜鈴に似た形の木製の用具.
3 ⦅俗⦆ のろま, 抜け作 (fool) ⦅通例男性⦆.
〖⦅1711⦆: 本来は教会の鐘を鳴らす練習のための用具; ベルがついていないので音を発せず, その練習は運動にもなったことから〗
『新英和大辞典 第6版』 研究社

お~、本当に「本来は教会の鐘を鳴らす練習のための用具」だったのか~。

そしてダンベルの日本語訳に「亜鈴」という言葉も出ている(マラソンファンは日本郵政の鈴木亜由子選手を連想するかも)。

「あすず」? 鈴(ベル)の亜種ってことか?

いや待て、これは「あれい」と読むのでは?

あー、鉄アレイの「アレイ」!!カタカナで書くことが多いから、てっきり外国語だと思っていたけど(なんとなく合金のalloyをイメージしていたけど、鉄alloyじゃ発音も意味も実態と合わないね)日本語だったのね!

さらにWikipediaで鉄アレイの項目を見ると、こういう記述があった。

日本語の「唖鈴(あれい)」は、「dumbbell」 を直訳した語であるが、「唖(おし、口が利けないこと)」の字は現在差別用語とみなされる為、一般的に代用字の「亜」を用いて「亜鈴」と表記する。片仮名で「アレイ」と表記されることもある。

ななな、なるほど~。亜鈴の「ア」は本来「唖」で、アレイはdumbbellの逐語訳に過ぎなかったのか~。

いや~、翻訳者なのに今まで知らなかったわ~。知っている人には当たり前の話かもしれないけど、ダメっ子にとっては頭の中でいろんなことがつながる貴重なアハ体験でした☆

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村