GarminなどのGPSウォッチに望むのは精度向上!

GarminからForeAthlete 245という新しい機種が16日に発売された。

僕が今使っている235Jの後継機種で、発売当初の定価は同等ながら(今は235Jが値下げしたため5000円の差がある)様々な機能が追加され、魅力的なランニング・ガジェットになっている。

しかし僕が心拍計付きのGPSウォッチに究極的に望むのは、心拍数ならびに距離、ペース、タイムが計測できることだ。正直な話、他の機能がなくても価格が安ければその方がありがたい。

実は、多機能の新しい機種が次々と発売されているのに僕が完全に満足する製品はまだない。

何が不満かと言えば、心拍計とGPSの精度なのだ。バッテリーの寿命にもやや不満があるが、その不満は今回の新製品が解消してくれたと思われる(235Jの11時間から22時間に延びた)。

現在の技術水準と製品価格では、今の精度が限界だと言われれば、まあそうなのかなとも思う。

しかし、トレーニングの効果を上げるためにペースを微調整するのに必要な精度は、現在のGPSウォッチにないというのが現実だろう。

僕が練習するコースでは、同じ場所からスタートしてもGarminが1キロのラップを刻む場所が毎日異なる。30mくらい差が出ることもザラにある。キロ5分のペースで走っているとしたら、時間にして10秒くらいの違いになる。1キロ10秒も違えば、トレーニングの効果が全然変わってしまう。

心拍計にしても、手首で測る光学心拍計は心拍数の急激な上昇を捕捉できないようだし(加えて、僕の235Jの心拍計は去年の9月頃から特に精度が落ちて、どんなペースで走っても心拍数が140前後になってしまう)、胸ベルト式でも、特に寒い日の走り始めに異常に高い値がしばらく出てしまうという問題がある。

GPSの精度は、「みちびき」の本格運用開始に伴い、技術的には大幅に向上させる(誤差10cm!)ことが可能になったはずだが、まだGarminのスポーツウォッチなどはこれに対応していない。

Garmin社には、多機能の新機種よりもGPSと心拍計の精度を大幅に向上した機種の発売を希望する!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング

体調不良はエアロビック能力の低さが原因か?-マフェトン理論に改めて注目

僕は2年前にオーバートレーニング症候群に苦しめられ、数ヵ月前からはおそらく更年期障害が原因の体力低下に悩まされている。

ケガや病気ではないのに長期にわたって満足に走れなくなってしまうのは本当に辛い。

一度ならず二度までもそうした状況になってしまったのはなぜだろうか。

男性更年期障害の原因の一つに、運動やその他のストレスにより発生する活性酸素があると聞いた。

そこでふと思い出したのが、1年位前に読んだ「『マフェトン理論』で強くなる!」という本だ。

この本にも活性酸素が体調不良につながると書いてあったのだ。

そして負荷の強い練習で発生する活性酸素に負けて体調を崩すのは、エアロビック(有酸素運動)能力の不足が原因であり、エアロビック能力を鍛えれば、活性酸素による酸化ストレスを抑制できるという。

僕が再三、体力低下の問題に悩まされているのは、エアロビック能力が不足しているからではないだろうか。

僕の周りには無類のスタミナの強さを誇り、何年にもわたって安定して高いパフォーマンスを残しているランナーが何人もいるが、言われてみると、そうした人たちは押し並べて超スロージョグをたくさん行っている。

それに対し、僕は走力に比して日頃のジョグのペースが速い。

うーん、かつて僕は、マフェトン理論に基づく練習は負荷が弱すぎて効果がないと切り捨ててしまったが、基礎の基礎を鍛えて体調を崩さないようにするには、マフェトン式の練習が実は最も効果的なのかもしれない。

体調が戻ったら、負荷(頻度と時間)を落としてリディアード式のトレーニングを再開しようと思っていたが、その前の段階に数ヵ月間、心拍数を抑えた超スロージョグを頻繁にやってみようか。

マフェトン理論の本には体調の整え方に関する記述も多くあるので、もう一度ちゃんと読み直してみようと思う。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング