Garmin ForeAthlete 245発売へ!/心拍計付きのGPSウオッチはGarmin ForeAthlete 235Jがお勧め

このところ走れなくて練習日誌が書けないので、お勧めのランニンググッズを紹介しようと思う。

走るときに最も頻繁に使用しているグッズはウオッチだ。シューズはそのときの練習メニューなどに応じて何足か履き分けているが、ウオッチはいつも同じものを使っている。

僕が愛用しているのはGarmin ForeAthlete 235Jだ。

このウオッチの気に入っている点を挙げてみる。

  1. 走った距離が分かる
  2. 手首で心拍数が計測できる
  3. 時計の画面とストップウオッチの画面をカスタマイズできる
  4. 軽いうえ、バンドが柔らかく、着けやすい
  5. スマホと連動する
  6. 値段が比較的安い

ざっとこんなところか。

順に説明しよう。

  • 走った距離が分かる

この製品はGPSウオッチなので、GPSを使って走行距離やペースを測定できるのは当然なのだが、今や3、4000円程度でラップが60個くらい取れるストップウオッチが買えるのに、なんでわざわざ何万円もするGPSウオッチを買うかと言えば、距離やペースがリアルタイムで分かるからに他ならない。

初めてGPSウオッチを使ったときは感動したものだった。ちなみに僕が最初に使ったGPSウオッチはGarmin Forerunner 305という製品。買ったのは2010年か11年だった。これがバッテリーの寿命で使えなくなりForerunner 610に乗り換え、さらにそのバッテリーの持ちが悪くなったところでForeAthlete 235Jが発売されたので買い替えた。

235JのGPSの感度は、現行製品の中ではまずまずではないだろうか。計測モードにすると、早ければ数秒で信号を捕捉する。先代の610は早くても30秒程度、遅ければ数分かかっていたので大きな変化だ。

距離の計測は、まだ誤差が大きい。近くに高い建造物や木などがあまりない直線コースを走れば、かなり正確に計測してくれるが、信号をさえぎる障害物がコース近くにある場合や、曲がりくねっているコース、アップダウンのあるコースなどでは誤差が数パーセント(1キロで数十メートル)生じる。

  • 手首で心拍数が計測できる

以前は心拍計と言えば胸にベルトで装着するタイプが主流だった。

このタイプの心拍計は、比較的精度は高いが、装着するのが少し面倒だ。それに慣れないと、くすぐったく感じる人もいると思う。また、特にバンドのゴムが劣化してくると、ペースを上げて走って呼吸が乱れたときにバンドが落ちてくるという問題がある。

しかし235Jは、本体の裏に光学心拍計を搭載しており、普通に時計をするだけで、手首で心拍数を計測することができる。

精度について言えば、運動強度が急激に上がる局面で正確に心拍数を計測できない傾向があるようだ。5キロのレースなどを走ると、僕の場合、胸ベルト式の心拍計だと200位まで上がるが、光学心拍計だと180くらいにとどまる。

逆に胸ベルト式では、特に寒いときは少し汗をかくまで正確に心拍数が計れず、異常に高い数値が出てしまうことが多いが、光学式ではそうした問題は起こらない。

ちなみに計測した心拍数と走行距離や走行ペースなどから体力レベル(VO2Max)と予想タイムを推定したり、リカバリーの時間をアドバイスしてくれる機能もあり、それも気に入っている。

  • 画面をカスタマイズできる

Garmin社のConnect IQというウェブサイトにアクセスすると、ウオッチフェイス(時計の画面)やデータフィールド(タイム計測中に表示される画面)をダウンロードすることができる。こうしたオリジナル画面の他にアプリもあり、その中には懐かしいパズルゲーム、テトリスもあった!

パソコンにダウンロードしたこれらの画面やアプリは、専用のUSBケーブルで時計本体に取り込むことができる。

ウオッチフェイスには、時刻の他に、その日歩いた歩数や日の出・日の入りの時刻といった様々なデータを表示できるものや、シンプルなアナログ時計を模したものなど、いろいろな種類がある。

データフィールドは、デフォルトでは最大4つのデータしか表示できないが、Connect IQには10個くらいのデータを表示できるものもある。

これらをうまく利用すればとても便利だし、時計を付け替えるような感じで気分を変えることもできる。

  • 軽いうえ、バンドが柔らかく、着けやすい

カタログによると、前に使っていた「610」が72gあったのに対し、「235」はわずか42g。40%以上も軽量になったので感触は大違いだ。

また「610」はバンドが硬く、本体も少しゴツゴツしていたので、つけていると手首が痛くなることがあり、リストバンドの上から装着したりしていた。

しかし「235」はそのようなことがまったくない(そもそもリストバンドをしたら心拍計が使えない)。一日中着けていても疲れないが、真夏に着けっぱなしにしていると、手首にあせもができることがある(笑)。

  • スマホと連動する

スマホと連動させることができるので、メールや電話が来ると、画面にその旨が表示される。これは便利。スマホをポケットやカバンに入れていると、バイブレーションに気づかずに電話を取り損ねてしまうことが良くあるが、時計にメッセージが表示されると(バイブレーションもある)確実に気づく。他にアプリのアラートなども時計に転送される。

  • 値段が比較的安い

上位機種の「645」などは、上記のほかにトレーニング効果を無酸素運動と有酸素運動に分けて推定したり(「235」では有酸素運動の効果だけ推定される)、ランニングダイナミクス(フォーム分析)をする機能などもあるが、値段が高い。

定価だと、「935」が57800円、「645」が44800円、「735」が39800円。それに対し「235」は29800円(発売当初は3万5000円くらいだった)。

ガーミン GPSマルチスポーツウォッチ 「ForeAthlete235J」 37176H(BlackRed)

価格:28,811円
(2019/5/9 21:17時点)
感想(4件)

上記のような細かい機能が必要なければ、235のコスパは高いといえよう。心拍計がいらない人には「230J」が18334円とさらに安いのでお勧めだ。

・・・と書いたところで、Garmin公式サイトを見てビックリ!

なんと明日(5/10)から新機種「ForeAthlete 245」の予約販売受付が始まるんだとか!

価格は34800円。音楽が聴ける「ForeAthlete 245 MUSIC」は39800円。

「235」との主な違いは、まさに上に書いた上位機種との違い。ただしランニングフォーム分析には別売りのパーツを買う必要がある。

また50m防水が付いたことと、バッテリーの持続時間が22時間に伸びたことも注目に値する。

もう一つ僕が注目しているのが、Garmin Coachという機能が使えること。まだ詳しく分からないが、おそらく現状の走力と目標に応じてウェブサイトで練習メニューを作ることができ、さらにガーミンのデータと連動させてメニューを自動調整することができるものだと思われる。

これから買う人は、これがいいかも!

【2019年05月16日発売】 GARMIN ガーミン ForeAthlete 245 Amp Yellow 010-02120-48 Amp Yellow [スマートウォッチモード: 最大7日間  GPSモード: 最大22時間]

価格:37,584円
(2019/5/10 10:50時点)
感想(0件)

【2019年05月16日発売】 GARMIN ガーミン ForeAthlete 245 Music White Black 010-02120-71 White Black

価格:42,984円
(2019/5/10 10:52時点)
感想(0件)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング

GWはクアラルンプールに大学視察旅行

体調不良が原因で走るのを少しお休みすることにしたら、すぐさまゴールデンウイークがやって来た。

今年のGWは改元に伴い10連休。普通なら季候も良い時期だし、マラニックなどでたくさん走りこむぞ、となるところだが、今回は汗をかくような運動を禁じられているためランオフ。

そうそう、どうでもいいことだが、ランナーの間で「ランオフ」というと、走らずにクロストレーニング(走ること以外のトレーニング)かレスト(完全休養)にすることを意味するが、金融業界で昨今「ランオフ(run-off)」と言えば、中央銀行が資産の買取で肥大化したバランスシートを段階的に縮小していくことを指す。

もう一つどうでもいいことだが、不動産業界で物件を転貸することをサブリースというが、これを「サブスリー」に空耳ならぬ「空目」してしまうことってないッスか? ホントにどうでもいいことですみません・・・

さて、連休中は走らずに何をしていたかというと、マレーシア旅行に行ってきた!

目的は、息子がマレーシアの大学に留学するかもしれないので、大学の視察。

旅行に行くに当たり、まず外貨を調達。

マレーシアはクレジットカードのスキミングが頻繁に行われていると聞いたので、カードの使用を控えるため、現金を多めに持っていくことにした。

マレーシアの通貨、リンギットのキャッシュを扱っている銀行はそこらにないので空港で両替することになるが、レートがあまりよくないため、外貨両替ドルユーロという会社からネットで購入してみた。

こちらはレートが比較的よく、銀行振り込みで決済するとすぐに現金を書留で送ってくれる。円換算で10万円以上だと送料無料。今回は申し込んだ翌日に自宅(横浜)に届いた。

利用した航空会社はマレーシア航空。行きの便の機材はA380-800。エアバス社製の世界最大の旅客機だ。

客席が2層(2階建て)になっているため、ずんぐりむっくりした印象のフォルム。1階と2階で入口が違う。中に入ってしまうと、普通のジャンボジェットと変わらないかな。

滞在したホテルはDouble Tree by Hilton Kuala Lumpur

ここはあの有名なペトロナス・ツインタワーから地下鉄で一駅(Ampang Park駅)、徒歩でも10分少々と好立地。

ペトロナス・ツインタワー

ちなみにツインタワーの近くにはKLCCパークという走るのにもってこいの公園がある。走りたかったが、休養中なので散歩にとどめた。写真を撮りたかったが、スマホの電池が切れていて撮れなかった(涙)

ホテルはIntermarkという商業施設のビルに入っており、同じビルにマクドナルドやスターバックス、ファミリーマートのほか、スポーツ用品店や各種レストラン、さらにはJaya Grocerというスーパーもあり、大変便利。しかもクアラルンプールの中心部にあるHilton Kuala Lumpurに比べると料金が安い。

チェックインの時に応対してくれたスタッフが、我々が視察する大学の一つで勉強している学生だというサプライズもあった。インドネシアからの留学生で、インターンとしてここで働いているという。事務処理にしても、こちらからの質問や要望への対応にしても完璧な仕事ぶりだった。

大学は留学エージェントの人(日本人)に案内してもらった。10組ほどの留学希望者とともに6つのキャンパスを視察した。

特にSunway、Monash、Taylor’s APUの4つの大学については、きれいなキャンパスと立派な施設に強い印象を受けた。

マレーシアの大学は多くが欧米の大学と提携しており、ここをステップにしてさらに第三国に留学することや、ここで勉強しながら欧米の大学の学位を取得することなどができるのが大きな特徴。授業は英語なので、もちろん英語もできるようになる(というか、英語ができないと入学できないし、授業についていけない)。

上の2つはTaylor’s大学の写真。池と芝生がきれいだった。建物もきれい。
Monash大学の寮。なぜか滑り台がある!
Monash大学の経営学部の校舎内。Monashはオーストラリアの一流国立大学なんだそうだ。ここはそのマレーシア校。
Sunway大学。マレーシアの一大財閥が作った大学。Monash大学の隣にある。施設が立派。
Sunway大学とMonash大学のキャンパスは一つの街になっている感じで、遊園地やショッピングモールが隣接している。これは遊園地のアトラクション。西武園のバイキングみたいなやつだと思われる。
APU(Asia Pacific University)のラウンジ。この大学は100ヵ国以上から留学生を受け入れていて、ラウンジには留学生の出身国の国旗が掲げられている。

移動には鉄道とタクシーを主に利用。

クアラルンプールは鉄道網が発達していて、電車を乗り継いでどこにでも行けるので便利。待ち時間も少なく、東京とあまり変わらない感じがする。鉄道利用者の数は東京ほど多くないが、車両の数が少なく、通勤時間帯の混雑具合は東京に近い。

KLセントラル駅。東京駅のようなターミナル駅。それほど大きくないがきれいな駅だった。

鉄道以上に便利だと感じたのがタクシー。Grabというアプリを使ってタクシーを呼ぶと、数分で車が来てくれる。アプリで行き先を指定してから呼ぶので、英語で説明する手間が省ける。しかも料金が事前に分かる。20分くらいの距離を走って15リンギット(450円くらい)と、日本ではあり得ない低料金。あまりに便利で使いまくってしまった。

クアラルンプールは思ったより快適だったし、息子は一緒に視察に参加した優秀な学生たちから刺激を受けたようだったし、なかなか有意義な旅だった。

今回は大学を見るのが中心で、あまり観光らしいことができなかったので、また改めて訪れてみたい。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング