「マフェトン理論」で弱くなる?VO2Maxは月初から4低下

ダメっ子は、足底筋膜炎で足裏が痛むため、6月1日からほぼ一貫してゆるゆるのジョグを繰り返している。特に8日からは、マフェトン理論を意識して心拍数を130前後に抑えている。

7日に10キロのビルドアップを1回行ったが、それ以外は全てゆるゆるジョグ。距離は、15キロ走った日と31キロ走った日が1日ずつあったが、それ以外は4~6キロにとどめている。

マフェトン理論とは、心拍数を一定の低い水準(具体的には[180-年齢]に±5~10の調整を加えた値)に抑えた軽い運動を続けていれば、次第に持久力などが向上していくというもの。

この理論に基づく練習方法に従って20日間過ごしたところ、体にどのような変化が起こったのだろうか。

まず、ガーミンの測定するVO2Maxは、5月31日に55だったのが、徐々に低下して今は51になった

次に、平均心拍数130~135で走ったときのペースは、1キロ6分台前半から7分台後半に落ちた

一方、体重は先週まで1キロ弱低下していたが、また戻ってしまった。

つまり、数値としては、20日間で心肺機能は大幅に低下し、体重は変わらないというのが現状。

実際に、日々の練習での体感としても、体力が上がっている感じはまったくしない。むしろ、数字が示すほど大幅ではないものの、下がっている感じがする。

福澤式トレーニングで毎週少しずつ体力が向上していく感じが得られたのとは、実に対照的だ。

冷静に考えてみれば、負荷を落とした練習を繰り返していれば、その弱い負荷に体が慣れるのは当然。マフェトン理論の妥当性に疑問を感じてきた。

体力を向上させるには練習の負荷を適切に調整する必要があり、そのためには心拍数を見るのが重要であることは理解できるが、マフェトン理論で提唱される負荷は果たして適切なのだろうか。マフェトン式の練習よりももっと効果的な方法があるのではなかろうか。

今度、e-Athletesが行う講習会で心拍計を使った練習方法について話を聞く機会があるので、その辺を検証してくる!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング

体重減少傾向-マフェトン・ジョグの効果?

去年の今ごろは、いくら食事を減らしても体重が減らなくて困っていたのだが、最近はそんなに食事に気を配らなくても、体重が少しずつ落ちてきている。

オーバートレーニング症候群になる前、ガンガン走り込んでいたときは、早朝ランの後にシャワーを浴びるときで54キロ台、夕食を食べた後の入浴時で55キロ台というパターンが多かった。自分としては、そのあたりが自分のベスト体重(体調もランニングのパフォーマンスもベストになる体重)という認識だ。

過去1年間の大部分では、そのベスト体重を1~2キロ上回っていたが、このところスルスルっと体重が落ちて、まさにこのベストの水準になった。筋肉の締まり具合も、自分としては良い。

今まで、たくさん走って食事を抑えて、毎日空腹に耐えていても全然痩せなかったのに、今は炭水化物を少し控えてはいるものの、カロリー摂取量としては普通だし、運動量はむしろ少ないのに痩せてきている。一体、なぜだろう。

それ以前と何が違うのかと考えたら、マフェトン・ジョグをやり始めてから痩せていることに気づいた!!

運動の時間も量も負荷もこれまでに比べて劣るのに、痩せるなんてありうる?

ゆったりしたペースのジョグを繰り返すことで、体に何らかの変化が起こりだして代謝が良くなったということはあるかもしれない。

今のところ、心肺機能の向上という、本来狙った効果はまるで現れていないが、体重減少がその前兆だとすれば希望が湧いてくる。

成果が上がるか分からないし、面白味もないマフェトン・ジョグを続けることに迷いを感じていたが、もう少し続けてみるか。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング



育毛・発毛剤