練習メニューは走ること以外の負荷も考慮して調整すべき

ふう、最近ずっと仕事が忙しくて、ブログの更新がだいぶ滞ってしまった。4月はもう半分すぎたのに、昨日まで2回しか書いていない。

仕事が忙しくて疲れていると、走ることにも影響が出てくるようだ。

このところ速いペースで走ったり、特に長い距離を走ったりしたわけではないので、筋肉の疲れは強くないはずなのに、ビルドアップやロング走で、中盤以降、明らかに疲れてしまい、過去数ヵ月間では経験したことのない大幅なペースダウンを余儀なくされている。

昨日に至っては、ビルドアップのタイムがめちゃめちゃ遅かったうえ、ガーミンの測定するリカバリータイムが「3日」となり(15キロ走っただけで!)、走り終わった後は、あちこちの筋肉や関節が次第に痛み出し、夜にはなかなか寝付けないほどになった。

こんなことは、オーバートレーニング症候群の真っただ中だったときにしかなかった。

どうやら、仕事で疲れているときは、練習メニューも軽めに調整した方がいいようだ。

今朝、起きたら体の痛みが軽減していたので、キロ6分半から7分のジョグ4キロと超軽めのランニングをしたら、だいぶ調子が良くなった。

あの恐ろしいオーバートレーニング症候群は、まだ再発の危険が間近に潜んでいるようだ。一度、オーバートレーニング症候群にやられると、回復後もストレス耐性が低くなっていると思われるので、心身ともに疲れすぎないように気をつけようっと。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング

足底筋膜炎にテーピングが効いた:スポーツオーソリティのテーピングはイマイチ

この間、数年ぶりに足底筋膜炎になった。

これに悩まされるランナーは結構多いので、どんな障害かみんな知っているだろう。足の裏や踵が痛くなる、あれだ。

本格に痛めて慢性化するとなかなか治らない。ダメっ子が初めて足底筋膜炎になったのは大学生4年生のとき。そのときは卒業して運動をやめて1年以上経ってやっと完治した。

そんなわけで、今では足裏がちょっと痛くなるとかなり警戒するのだが、この間、少し張っているかな、というくらいの時にビルドアップをしたら、翌日から一気に痛くなってしまった。

そこで冷やしたり暖めたりしたが、よくならない。

前回、痛くなったときは、すぐ治ったような気がしたけど、どうしたんだっけ、と考えたら、テーピングをしたことを思い出した。

そのやり方の動画こちら

前回は、痛みが出てすぐにこのテーピングをしたところ、1日か2日でよくなった。

今回は、痛くなって3日も経ってしまったし、痛みが前よりも強いから、どうだろう?

やってみたら、貼った瞬間から痛みが軽減した感じ!

翌日から、少し痛みがあるもののジョグはでき、5日後には再びポイント練習もできた!

でも、やっぱり前回より条件が悪いので、8日経った今でもまだ痛みが残る。早くよくならないかな~。

2日に1回くらい貼り替えていたら、テープがなくなったので、スポーツオーソリティのオリジナル商品を買ってみた。ここのは5センチ幅のキネシオテープが税込み600円くらいで、安いんだよね。

だけど、伸縮性が少し低いし、糊の性能が今ひとつで、剥がれやすい。そういえば、以前、足裏ではなく、筋肉が動きやすいハムストリングスに使ったときは、すぐに剥がれてしまったんだっけ。

なので、前に使っていたやつを買い直した。前のはニチバンのこれ

71alcywas7l-_sl1000_

こちらは、近所の薬局で買ったら850円くらいした。でも、使い心地が違うのでお勧め!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング