γGTPが初めて大幅低下-禁酒よりも休養が奏功!?

先月、男性ホルモンの注射を打っても疲れやすい症状が全然改善してこないため、セカンドオピニオンを求めて別の医師を訪ねてみた。

血液検査を受けたところ、γGTPと白血球数の値が高かったので、再度の血液検査と内臓のエコー検査を受けることになった。

その結果、内臓には良性と思われる小さな腫瘍が幾つかあるのが分かったが、これは5年位前にCTスキャンまでして問題なしだったので、あまり驚かなかった。

驚いたのは翌週に知らされた2回目の血液検査の結果だ。

それがこちら。じゃん!

左が4月の結果、右が5月の結果。基準値を超えていることを示すHのマークが4つから2つに減っている。

それ以上に注目すべきなのは、γGTP(この表では「γGT」と表記)が226から79へと大幅に低下していることだ。

基準値が75以下なのでHマークは残ったが、これほどの低下は自分としては驚異的。

そもそも、2010年に105を記録して以来、僕のγGTPの値はほぼ一貫して上昇傾向を辿り、基準値を下回ったことは78を記録した2011年しかなかった(このときは79までが基準値だった)。2012年以降は130台、150台、180台と上昇し、近年は200台に到達。前回4月の226は過去最高値だった。

γGTPが高いと必ず指摘されるのが「お酒の飲み過ぎ」だが、去年の12月に検査を受けたときは3ヵ月にわたり完全断酒していたのに186だった。前年の203からは低下したものの、基準値を大幅に上回る状況は変わらず、断酒の効果があったとは言えなかった。

ちなみに今回は断酒などせず、前日までの5日間にお酒を8杯(ビール350ml相当で1杯にカウント)飲んでいた。これは近年の僕にしては結構飲んでいる方。

では、γGTPが減ったのはなぜだろう。

この1ヵ月間で今までの生活と大きく異なるのは、ほとんど走っていないこと。

どうやら僕のγGTPが高かった原因は、お酒の飲み過ぎではなく、走り過ぎだったようである。

ランナーの中にはγGTPが高い人が結構多くいて、自分もたくさん走るようになったらγGTPが上がったので、ランニングにはγGTPの数値を押し上げる効果があるのではないかと常々思っていたが、今までどの医師に聞いてみても、ことごとく否定されきた。

しかし、この結果を踏まえると、やっぱりランニングはγGTPの値に影響を与えるんじゃないかと思う。もちろんサンプルが自分しかいないので、確実ではないし、人によるのかもしれないが、そう推定する根拠は十分ではなかろうか。

何にせよ、健康状態が改善してよかったし、お酒を飲んでも問題なさそうだと分かったのもよかった。

さて、さらに健康状態を改善して、そろそろ少しずつ体力の向上も目指していこうかな!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング

「マフェトン理論で強くなる」を再読①-炭水化物不耐症に注目

この間、「革命的エアロビックトレーニング『マフェトン理論』で強くなる!」(ランナーズ刊、絶版)を再読した。

【中古】 『マフェトン理論』で強くなる! 革命的エアロビックトレーニング /フィリップマフェトン(著者),中塚祐文(訳者) 【中古】afb

価格:1,042円
(2019/5/27 21:53時点)
感想(0件)

僕の今の不可思議な体力低下や体重増加について原因を理解し、解決策を探るのにヒントになりそうなことがいろいろ書いてあったので、読んだことを少しずつ整理していこうと思う。

まず注目したいのは「炭水化物不耐症」の説明に当てられていた第6章。

炭水化物不耐症とは、炭水化物を効果的に消化できない症状のこと。この症状がある人は3人に1人の割合でいるという。

インスリンが正常に機能せず、血糖が細胞に運ばれない状態になることで起こる。血糖に細胞が運ばれないと、インスリンがさらに大量に産生される。そうなるとインスリンが血糖の吸収を促す以外の働き(炭水化物を脂肪にする、脂肪の燃焼を抑制する)をするようになる。

ちなみにインスリンとは膵臓で作られるホルモンで、基本的に以下のような働きをする。

インスリンのおもな働き(「糖尿病がよくわかるDMTown」のウェブサイトより)

  • 全身の細胞にブドウ糖をとり込ませる
  • 肝臓や筋肉でブドウ糖からグリコーゲン(貯蔵糖)が合成されるのを促進する
  • 貯蔵されているグリコーゲンが分解されるのを抑制する
  • 脂肪組織で脂肪が合成されるのを促進したり、脂肪の分解を抑制する

なお、最初の働き(ブドウ糖を取り込む働きの促進)は以下のような流れになっており、血糖値を下げることになる。

血糖値が上がる→インスリンが分泌される→細胞の血糖を取り込む働きを促進→血糖値が低下

炭水化物不耐症になると以下のような症状が現れる。

  1. 疲労
  2. 脳の疲労=集中できない
  3. 低血糖=甘い物が欲しい、チョコやカフェインを渇望、目まい
  4. 腹部の膨満感:炭水化物から生じる腸内ガスに悩まされる
  5. 眠気:炭水化物を20~30%含んだ食事をとると眠くなる
  6. 脂肪の蓄積と体重の増加
  7. トリグリセライド(中性脂肪)の上昇:インスリンにより炭水化物が脂肪に変換された物が血中に溜まる=肥満の人に多い
  8. 高血圧:インスリンと血圧の間には相関関係がある
  9. 鬱状態:炭水化物はセロトニンを増加させ、脳を抑制する。逆にタンパク質は脳を刺激し、覚醒状態を作る
  10. 薬物中毒:アルコール、カフェイン、ニコチン中毒

なんと、僕は上記10項目のうち8項目(1~6、9、10)が当てはまる!炭水化物不耐症であることはほぼ確定でしょう。

炭水化物不耐症が原因で上記の症状が発生している場合、炭水化物の摂取量を抑えると、多くの症状は改善する。

そしてこれらの症状は、エアロビックシステム(有酸素系のエネルギー産出システム)の能力が不十分な場合に起こる症状と酷似する。それは炭水化物の過剰摂取がエアロビックシステムの機能を抑制してしまうからである。

炭水化物不耐症であるかどうかを確認するには、「2週間チェック」を行うとよい。

その方法は、まず2週間にわたり、本書に掲載された摂取可能・不可食物リストに従った食事をして、炭水化物の摂取を徹底的に抑える。そして2週間後に調子が上がったり、体重が減ったりするかどうかを確認する。そのような変化が見られた場合は不耐症である可能性が高い。

不耐症であると分かったら、次は適切な炭水化物の摂取水準を調べる。少しずつ炭水化物の摂取量を増やし、消えた症状が復活するかどうかをチェックする(復活した手前が適正水準となる)。

僕の体調不良の遠因は炭水化物不耐症にあるのかもしれない。少なくとも不耐症の症状に悩まされているのは確かなので、それを改善するために炭水化物の摂取を抑えてみる価値はありそうだ。

持久力を上げるには、上記の食事制限で炭水化物不耐症を抑えて体質を改善すると同時に、低強度の運動によりエアロビックシステムを強化する必要があるというのがマフェトン教授の主張。

炭水化物不耐症以外の問題については、また追々まとめていこうと思う。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング