【練習日誌】ビルドアップ15キロ:ようやく走力が下げ止まる?

今週は土曜日にまず一人で15キロのビルドアップ(BU)をやって、その後でラン友とのジョグに合流、日曜日に朝練ジョグ+ウエイトトレーニングというパターンを試してみることにした。

BUは、先週日曜日に行ったときのタイム(1:13:59)を上回るのが目標。5分15秒くらいから入り、13キロまでバテずに行ける範囲で緩やかにペース(というか、アップダウンがあるのでペースよりも負荷)を上げて、最後の2キロは2段階でスピードアップする、という計画。

ゆっくり走りだして、700mほど先の公園で体操をして、また走り出す。ここまでのジョグもBUに含んでいる。最初の1キロは5’15と予定どおり。

少しずつペースアップして3キロのラップが4’50。ここまでは木曜日にやった10KのBUとほぼ同じ感じ。

3.5kmで疲れてきたのも同じ。しかし、前回までのようにショボイ走りで目標が達成できないと自信もやる気も失ってしまうので、「疲れているのは気のせい、まだ余裕」と自分に言い聞かせて走る。

4キロは4’48とほとんど上がらなかったが、その後、登り坂を含む6キロと7キロのラップも4’51、4’52とあまり落ちなかった。これは良い兆候。

やはり上り基調の9キロと10キロのラップも4’50を切った。今の自分にしては予想外のデキと言ってよい。

思いっきり下りの11キロは4’18。先週の4’39に比べてだいぶ速い。

12、13キロは思いっきり上りだが、4’52、4’59となんとか5分切り。

14キロまでは概ね平坦、15キロまでは下り基調なので、計画どおりここからペースアップ。

14キロは4’27、15キロは4’04。最後はもうちょっとで4分切りだったが、脚攣りそう症が出かかってラスト200mくらいで少しペースダウンしてしまった。

目印のあるゴール地点までさらに数十メートル走って終了。

タイムは1:11:29(4’44/km)。先週より1’30速かった。やった!今回の体調不良になる前のワースト記録と同じくらい。これまで走るたびにワースト記録を更新していたが、これでようやく走力の落ち込みに歯止めを掛けることができたか。

それから、走っている途中で気づいたが、先週とはスタート地点が少し違って今週の方が100m近く多く走っていたので、先週とのタイム差は1’30よりもう少し大きかったことになる。

とにかく目標達成!レベルは低いけど嬉しいなぁ。

その後はラン友に合流して、お話ししながら、ゆるジョグ15キロ。これも楽しかった。

合計でちょうど30キロくらい走れた。

来週以降もこのパターンでやってみようかな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング

Amazonプライムの年会費値上げ-Amazonゴールドカードがいっそうお得に?

各種メディアで報道され、サイバースペースでも大いに話題になっているのでご存じの方も多いと思うが、Amazonジャパンがプライム会員の会費を値上げした。

年会費は3900円から4900円に、月払いの場合は400円から500円にそれぞれ値上げになった。いずれも税込みなので10月に消費税が引き上げられたときにどうなるのかも気になるところだ。

さて、今回の値上げで一気に注目を集めているのが、Amazonゴールドカードだ。

三井住友カードからMastersブランド限定で発行されているこのカードは、三井住友カードが発行する他のゴールドカードと同様の保険がつき、空港ラウンジも利用できる。それに加え、Amazonプライムの年会費が無料になる。また通常の買物で1%、Amazonでの買物で2.5%のAmazonポイントがつく。

年会費は10,800円(税込み)だが、「マイ・ペイすリボ」の設定とWeb明細書の発行指定により、年会費を4,320円(税込み)まで抑えることができる(詳しくは以前の記事をご参照下さい)。

つまり、プライムの年会費を差し引くと、値上げ前の年会費で計算した場合、実質420円でゴールドカードが持てることになっていた。

年会費実質無料のAmazonクラシックカードでもAmazonポイントはプライム会員なら2.0%、そうでなければ1.5%つくので、プライム会員の場合、Amazonで年間84,000円以上買物をする人は年会費をポイントで回収できる計算だった。

しかし、今回の値上げにより、Amazonゴールドカードの実質年会費の方がプライム会員の年会費より安くなってしまった!(4,900円 > 4,320円)

つまり、Amazonゴールドカードを作れば(審査に通る必要はある)、Amazonでの買物の金額に関係なく、誰でも得をすることになる。プライム会員のサービスを利用する人にとって、無条件でお得なカードになったのだ!

これできっとゴールドカードの申し込みが殺到するでしょう。

ただし、こうしたアンバランスな状態がいつまでも続くとは考えにくいので、ゴールドカードの特典(プライムの年会費無料)か年会費が変更される可能性は高い。今のところ、そうした発表はないが、今後の動向に注目だ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング