「英語多読 すべての悩みは量が解決する!」を読んだ:絵本を読むのはLSDに近い感じ?

昨日、「英語多読 すべての悩みは量が解決する!」という本を読んだ。

英語の多読をすると、読解力はもちろん、リスニング、スピーキング、ライティングの力も伸びるし、語彙も自然に増えるというのがこの本の主張。

多読には①辞書は捨てる、②分からないところは飛ばす、③会わないと思ったら投げる、という3原則があるそうだ。

そして特徴的なのが、語数の少ない幼児用の絵本からスタートして、徐々にボリュームが多く、内容も難しい本にシフトしていくというところ。その過程で、上記の3原則を厳守して、莫大な量をこなしていくと、英語の基礎力が鍛えられ、4技能すべての力が高まっていくという仕組みだ。

この「絵本からスタート」という点は英検1級取得者などの上級者でも変わらないという。特に絵を良く見るのが大事なんだそうだ。しかも、多読が進んで難しい本を読む段階になっても、絵本を読むのはやめない方がいいらしい。

Amazonのレビューを見ると、上級者が絵本からスタートする理由が分からないので、その点は受け入れられなかったとする意見があった。

僕もこの本を実際に読むまでは、その意見が分からなくもなかったが、読んでみたら、なぜ絵本が大事なのかがよく分かった。

実際に幼児用の絵本をパラパラ見てみると、「あ、こういうときはこういう表現を使うのか~」とか「この表現って、こういう意味なのかな?」と思うことが結構ある(ちなみに、ダメっ子も英検1級を持っている)。

そういう表現は、基本的な単語の組み合わせでできていることが多いが、自分では使いこなせていない。しかし、このような表現こそが英語の中核を成しており、それを体に浸透させることが英語の基礎力の構築につながるのだと考えられる。

そして、英語を訳さずにそのまま理解する回路を脳内に作るためには、日本語と英語を結び付けるのではなく、表現される状況と英語を直結させる必要があり、そのために絵本の絵が効果的に機能するのだと思われる。

こうした基礎の基礎からコツコツ積み上げ、力が伸びた後も基礎を鍛え直すことを忘れずに行うというのは、マラソンの練習にも通じるところがあると感じた。

マラソンの練習では、ゆったりとしたペースで走ることが大部分を占め、それが走力の基礎を構築する。そしてどんなに走力が上がっても、ゆっくり走る練習は欠かせない。

そう考えると、絵本を読むのはマラソンのLSDのようなものなのだろう。

多読の話に戻るが、辞書を引かないとか、分からないところは飛ばすということは、読むための障壁をできるだけ取り払うための工夫だと考えられる。

単語の意味を調べたり、構文解析をしたりしない代わりに、何の予備知識がなくても直感だけで内容が分かる文から読み始め、大量の文を読みながら薄皮を重ねるようにレベルを上げて、ネイティブ・スピーカーが言語を習得するのと同じように言葉の仕組みや語彙を体に浸透させるというのが、多読のやり方なのだろう。

赤ちゃんがネイティブ・スピーカーとして言葉を習得するときはこれを音声だけでやるが、母語用に耳がチューンアップされた大人にそれは難しい。しかし、視覚でしっかり識別できる文字を使えば、大人にも効果的なのではないかと、僕は思う。

なおこの本の執筆に関わっているNPOによると、「多読」は当初は文字通りたくさん本を読むことだけを意味したが、最近は音声や映像も方法論に取り込んで「Tadoku」と称しているという。そうすることで、文字で固めた英語の基礎力をさらに多角的かつ実用的に高めることができるのだろう。

なかなか面白い方法だと感じたので、ダメっ子も多読、ないしTadokuを採り入れて英語漬けの生活を試してみようかな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤

本にのめり込む時間を増やす

ダメっ子は毎日、翻訳の仕事で文章を読んではいるが、仕事で読む文章の量はそんなに多くない。

英文和訳の場合でも、用語や表現に気をつけながらきちんと訳文を作ろうとすると、ただ読むのに比べて20~30倍の時間がかかる。ダメっ子は今は和訳しかやっていないが、英訳ならもっとかかる。だから一日中訳していても、そんなにたくさん読めないのだ。

それに翻訳の作業の中で文章を読むときは、1パラグラフを読んで、その内容を頭に入れながら、1文ずつ訳出していくような流れになることが多い。

そうすると、連続して読んでいる時間が短くなるので、読みながら内容にのめり込んでいくようなことがあまり起こらない。

つまり、仕事ばかりしていると、英語でも日本語でも読書の量が減る。そして、本にのめり込む時間が少なくなる。

そういう状態が続くと、本を読む能力がどうも落ちてくるような気がする。文章を読んで内容を理解し、それを別の言語で表現し直すというのが翻訳だとすると、読む能力が低下するというのはゆゆしき事態だ。

そこで最近、日本語にしても、英語にしても、ある程度まとまった時間、本を読もうとしている。

仕事があったり、雑用があったりでなかなか思うようにいかないが、何度かしばらく集中して本を読むことができた。

すると、えもいわれぬ快感が起こる!

ちなみに最近、新調したKindleもそれに貢献している。これを持っていると、いつでもどこでも、和書も洋書も資料もウェブサイト上の記事も集中して読める(ウェブサイトの記事を読むには、あるツールを使っている)。

やっぱり、こういう読書をやんなきゃダメだよな~。

翻訳者としてさらにもう一段力を伸ばすためにも、きちんと本を読もうと誓ったダメっ子でありました!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤

Kindle 対 Kobo = 「プライム」対「楽天ポイント」

ダメっ子は新しくKindleを入手した。

これまでもKindleは使っていたが、ずっと米国のAmazon.comのアカウントに紐付けしていた。

今回入手したKindleは日本のAmazon.co.jpで使うことにした。プライム会員になっているので、その恩恵をKindleでも受けようと思ったからだ。

ちなみに米国のアカウントで使っているKindleはKindle Keyboard。一時期、Paperwhiteを使っていたこともあったが、誤って壊してしまって以来、このだいぶ古い機種を使っている。

なおダメっ子は、Kobo Aura ONEも持っている。これまでKoboは楽天ポイントで安く買った和書、PDFの資料、Pocketに保存したウェブサイトを読むのに使い、Kindleは英語の書籍とCalibreで飛ばした定期刊行物を読むのに使うという形ですみ分けしてきた。

しかし新しいKindleが来たので、試しに日本語の書籍とPDFもKindleで読んでみた。すると意外なことが分かった。

PDFをKobo Aura ONEで読むようにしていたのは、画面が大きいので小さい文字も比較的読みやすいと思ったからだ。画面を横にして横幅いっぱいに表示すると、まあ何とか読める。ただし、そうするとページの下半分が表示されず、画面をスライドして切り替える必要があり、それに4、5秒かかるのがストレスだ。

Kindleで同じことをしてみたら、やはり画面が小さいので少し読みにくい。しかし細かな字もきれいに表示されるため、意外にストレスは少ない。

そして素晴らしいのが画面の切り替えだ。Koboだと上述のようにページの下部を表示するのに画面を縦にスライドする必要があるが、Kindleはページ送りをするだけで自動的にページの下部が表示される。画面の切り替えに要する時間は約1秒。これはノンストレス

つまり、意外にもPDFを読むには、KoboよりもKindleの方が適していた。

端末の仕様としてKindleの欠点は、辞書が引きにくいところだとダメっ子は思っていた。単語をタッチすれば辞書で意味が表示されるが、複合語などで辞書に見出しがないときに、手作業で辞書を検索して調べることができないと思っていたからだ。

しかし、よ~く調べてみると、できないことはなかった。単語をタッチすると、辞書のウインドウが開くが、その他に「ハイライト」「メモ」などの機能を使うためのツールバーも開く。このツールバーの一番右のアイコン(「・・・」を縦にしたやつ)をタッチすると、「辞書を開く」というオプションが表示される(これって前からあったっけ?)。

これをタッチすると、辞書をフル画面で開くことができ、辞書内の検索やハイライトなどもできる。

Koboでは、単語をタッチすると、同様に辞書のウインドウが開き、さらにそのウインドウをタッチするとフル画面が開く。フル画面が開くまでの操作手順はKoboの方が楽だが(1ステップ少ない)、KoboではKindleのように辞書の中身をタッチして、さらに単語を調べたり、ハイライトをつけたりすることはできない。

総合的にみると、辞書についても微妙にKindleの方が便利だと言えるだろうか。Kindleはハイライトをまとめて管理できるので、それを単語帳に活用することもできるかもしれない(まだ試していない)。そもそもKindleには自動で単語帳を作る機能があるのだが、辞書を引いた単語を、ミスタッチしたものも含め片っ端から単語帳に登録してしまうので、そこはちょっと問題である(しかも登録した単語を一括で消去する機能が多分ない)。

そんなわけで、端末としてはKoboよりもKindleの方が使いやすいという感想を持った。

問題は、コンテンツも含めて考えたときに、どちらの方が使いやすいかだ。

本の買いやすさはAmazon(Kindle)の方が上。楽天Koboのサイトは検索機能が弱くて、キーワードに書名の最初の言葉が入っていないと見つからないことが多い(特に洋書)。レビューも楽天はほとんどないし、あっても役に立たないものが多い。

どちらがお得に本が買えるかという観点で見ると、Koboは楽天が運営するため、楽天ポイントが使えるのが大きなメリットだ。ダメっ子は公共料金の引き落としなどに楽天カードを使っているので、楽天ポイントが知らないうちにどんどん貯まる。しかも楽天はクーポンをよく発行するので、ポイントとクーポンを組み合わせると、かなり安く本が買える。ダメっ子は今までそうして100冊くらい無料で本を入手したかもしれない。

それに対し、Kindle本を販売するAmazonは、楽天に比べてポイントは貯まりにくいし、電子書籍のクーポンも発行しない。

しかしAmazonはプライム会員向けのサービスが充実している。

プライム会員向けのサービスというと、無料配送ならびに映画や楽曲の無料視聴が有名だが、prime readingというのもある。プライム会員だと、数百冊の本や雑誌が無料で読めるのだ。

さらに月額980円でkindle unlimitedを利用すれば和書・洋書合計100万冊以上が読み放題になる。

また、プライム会員とは無関係に、Kindle本の日替わり、週替わり、月替わりセールも実施されており、読みたい本がセール対象になっていれば、かなりお得に入手できる。

つまり、KindleとKoboの対決は、「Amazonのプライム会員向けサービス」対「楽天ポイント」の様相を呈していると言える。

KindleとKoboのどちらを選ぶか迷ったら、端末の差はあまり大きくないので(ダメっ子はKindleがやや上だと思う)、プライム会員サービスと楽天ポイントのどちらに魅力を感じるかで判断するとよいのではないか。

ダメっ子は今まで楽天ポイントに満足していたが、Amazonのサービスも魅力的に思えるので、こちらについてもこれから使い勝手を試してみようと思う。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤