コミュ障でダメっ子の僕がどうして翻訳者になれたか

こんにちは。ダメっ子のぴぴおです。

僕はいつも自分がダメだと思っている。

いろんなことに失敗して自分で自分にダメ出しし、他人にもはっきりとは言われなくてもダメ出しされているような気がするからだ。

失敗の多くは、僕が「コミュ障」で、なおかつ臆病であることに起因する。人と話すのが苦手なので、ものを尋ねることができない。だから失敗する。失敗するのが怖い。だからやらない。やらないから、できるようにならない。やらないといけない局面になると、できない自分を思い知らされ自己嫌悪に陥る。

そんな自分が何かの間違いで、今のメガバンクの前身に当たる都市銀行に就職したものだから、毎日、自己嫌悪で大変だった。

入社5年目に早くも限界を感じ、退職。

当時は大企業に総合職で入った男性が若くして退職するのは、ヘッドハンティングや起業といった積極的な理由、あるいは家業を継ぐといった特別な事情がある場合を除けば非常に希だったので、周りのみんなにたいそう驚かれた。

辞めたのにはいろいろ理由があるが、一つは「苦手なコミュニケーションが重視される仕事でなければ、自分はもっとやれるはずだ」と思ったからだ。ダメ人間でありながらも、多少のプライドは残っていたのだ。

そこで、自分は何をやっているときが楽しくて、何が人よりうまくできるのか、という点を突き詰めて考えてみた。

まず、あまり得意ではないが語学が好きだということに思い当たった。それに、高校や大学の授業で自分は外国語の文を理解して、それを日本語で表現するのが、他人より比較的うまいと感じていた。この力を徹底的に磨いて翻訳者になることはできないだろうか。

翻訳の仕事についていろいろ調べると、これで食べていくのは非常に厳しいことが分かった。しかし翻訳の中には文芸、映像など様々なジャンルがあり、実務翻訳あるいは産業翻訳などと呼ばれる分野であれば、比較的参入しやすいことも分かった。

幸い、銀行に勤めていたため、金融に関する知識は一般の人よりおそらくある。これを強みにすれば、仕事になるかもしれない。

それでも翻訳者としてまともな収入を上げるのは難しそうだが、とにかくチャレンジしてみることにした。翻訳者になれれば、社会人になってからのどん底人生から脱却できるような気がしたからだ。チャレンジしてダメなら、そのときにまた別のことを考えてみればよい。

まずは英語の力を底上げして自信をつけるため、1年計画で留学することにした。

会社を辞めてからしばらくは、英語を勉強しながら留学について研究した。そしてカリフォルニア大学バークレー校のエクステンション(生涯学習コース)に行くことに決め、必要なTOEFLの点数をとって留学した。

留学先での詳しい話はここでは割愛するが、英語と経営学を勉強し、言語学も少しかじった。

帰国してから転職活動を開始。実務翻訳者になる一般的なルートは、翻訳会社に履歴書を送ってトライアル(翻訳の実力審査)を受け、合格したらその会社の登録翻訳者になれる、というものだ。しかし、どの翻訳会社の求人案内を見ても経験者しか募集していない。

そこで、翻訳関連業務まで間口を広げて仕事を探したところ、テレビ局の報道部門で海外ニュースの資料作りをする仕事を見つけた。学生やフリーター向けのアルバイト(ADに近い扱い)だったが、アパートで一人暮らしできるくらいの収入は得られそうなので応募した。おそらく海外留学経験と実務経験が評価され、めでたく合格。

そこで仕事をしながら、翻訳会社のトライアルを受けていくつか合格をもらい、あるタイミングでテレビ局の仕事を辞めて、フリーの翻訳者に転じた。この時はいろいろな幸運が重なって、うまく軌道に乗れた。このことについては、また別の機会に詳しく書こうと思う。

ざっと(といっても、かなりだらだら書いてしまったが)こんな流れで翻訳者になれた。フリーになったのは2000年なので、今からもう19年も前の話だ。それからずっと翻訳の仕事を続けて今に至る。

通勤地獄から解放され、快適な自宅で好きな翻訳をやって生活費を稼ぎ、毎日早朝には趣味のランニングに興じる・・・サラリーマンを辞めるときに描いていた夢の生活が、いつの間にか実現していた。

それでも、自分がコミュ障であることは変わっていない。つまり、コミュ障でも自分に合った仕事を見つけ、そこで高い能力を発揮するべく全力で努力すれば、ある程度、社会の役に立って、充実した生活を送れると言えるのではないだろうか。

もちろん、コミュ障を克服できるに越したことはないが、苦手なことは頑張ってもなかなか成果が出ない。苦手克服に向けた努力を完全に諦めるのはどうかと思うが、得意なことをどんどん伸ばしていくことに注力した方が人生は好転していくようだ。

「コミュ障で生きづらいと思っている人にとって、あんたのような人間の存在は希望の光になるはず」

奥さんにそう言われたのをきっかけに、僕がどうやって翻訳者になり、今まで仕事を続けてきたのかを、このブログに書いていくことにしてみた。

過去の自分と同じような境遇にある人の役に立つかもしれないという思いから、過去に自分がやって来たことをこれから書く一方で、まだまだ自分はダメ人間であり、成長する必要があると思っているので、様々な面の改善に向けて日々取り組んでいることについても引き続き書いていこうと思っている。

よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング

翻訳スピードが回復:不振の一因はWordの遅さ―快適な入力環境がパフォーマンスを引き上げる

この間、仕事のスピードが落ちていると書いた。

そのときは英語の読解力など基礎的な力が劣化しているのが原因ではないかと考えた。しかしそれが主因だとすれば、仕事のスピードはジワジワと落ちてくるはず。最近、急にペースが落ちたのはどうも不自然だ。

ほかに原因を探ってみたところ、これまで使っていたWord 2007をOffice 365に切り替えてから、ソフトの立ち上がりや文字入力のレスポンスが遅くなっていることが思い当たった。そこで今日は試しに「2007」に戻して作業を行ってみた。

1回目の立ち上がりは、システムの再構成をするので非常に遅くなるが、2回目以降は、また「365」に戻さない限りスムーズに行く。

文字を入力してみると・・・おお、軽い!!まるでターサーを履いて走っているかのようだ(笑)。カタカタとリズムに乗って文字が打てるので調子が出てくる感じがする。

一仕事終えて、処理スピードをチェックすると、昨日までの不振が嘘のように上がっている。疲れも軽い気がする。

365のレスポンスが遅いとはいっても、数字で表したら0.0何秒の違いだと思うが、それがこれほどパフォーマンスに大きな違いを生むとは意外だった。

純粋に文字入力に要する時間は、それほど大きく変わるはずがないのだが、打鍵した文字が瞬時に出る感触が「ノリ」を引き出すのだろうか。

理由はよく分からないし、今日一日の実験では検証が不十分かもしれない。しかし、レスポンスが速いソフトを使って入力すると翻訳スピードが上がる、というのは事実のような気がする。

だとすれば、Word 2007よりもレスポンスの速いエディタなどを使って書いたら、もっと仕事が速くなるのだろうか。実際、秀丸をはじめとするテキストエディタを使って仕事をしている翻訳者は多い。

ただし、ダメっ子の場合、メインのクライアントが使っているWordのテンプレートで納品する必要があるので、テキストで訳文を入力したとすれば、それをWordに入れ直さなければならない。

翻訳者のBuckeyeさんが作ったSimply Termsというツールは、まさにそういう用途向けに開発されたのだが、以前試したところ、クライアントのテンプレートではうまく機能しなかった。

とにかく、文字入力のレスポンスの速さが仕事のパフォーマンスを左右すると分かっただけでも収穫だ。

もっと快適に文字が入力できる環境を探ってみよう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング