Kindleは米国アカウントに変更

ダメっ子は米国のAmazon.comのアカウントでKindleを利用してきたが、先日、Kindleを新調してからは、日本のアカウントで利用している。

折しも、kindle unlimitedのキャンペーンもやっていたので、それにも乗っかって、何万冊もの対象書籍を好きなだけ読める体制にしてみた。

それに伴い、米国のAmazon.comでのKindleの利用はいったん打ち切った。

また、これまで主に和書の電子書籍を読むのに使ってきた楽天Koboの使用もやめて、Kindleに一本化してみた。

こうすると、持ち歩く端末が減るし、Kindleへの愛着もますます湧くと思ったが、意外にワクワクしてこない。

その理由はいくつかある。

まず、kindle unlimitedで読める洋書が少ない。というか、読める本はたくさんあるはずなのだが、unlimited対象の洋書の検索がなかなかできない。探してみても、読みたい本があまりない。

和書についても、読み放題対象のリストから読む本を選ぶのも楽しいが、読書に充てられる時間は限られているので、やっぱり限られたラインナップから選ぶのではなく、普通に買ってでも好きな本を読みたい。

また米国アカウントには過去に買った洋書がたくさんある。それにAmazon.comではKindle本のバーゲンがしょっちゅうやっているので、別にPrimeやunlimitedに契約していなくても、欲しい本が格安で買えることが割とよくある。

和書についても、楽天Koboで買った電子書籍がたくさんあるので、Koboの使用をやめると、それらが読み返せなくなる。それにせっかくKobo Aura Oneを持っているのに宝の持ち腐れになってしまう。

よって、以前と同じように、Kindleは米国のAmazon.comで買った電子書籍、定期購読している雑誌や新聞、Calibreで飛ばす雑誌や新聞のデータ、Push to Kindleというアプリで飛ばすウェブサイトのデータ、一部のPDFを読むのに使うことにする。

Koboでは楽天で買った電子書籍(和書、マンガ)を読む。

さらにKindle Fire HD 10を使って、PDFおよび日本のAmazonで買った書籍を読むことにする。

いろいろ使い分けなければならないので面倒だが、すでに持っている端末や書籍データを効果的に利用できるうえ、今後の書籍購入のコスト効率も悪くないので、結局この方法がベストのような気がする。

米国のアカウントにKindleを紐付けすると、米国Amazonの広告が入ってきて面白いとか、Audibleの音声をブルートゥースでイヤホンに飛ばして聞けるとか、Goodreadsが使えるといった利点もある。これらは自分にとってあまり実用性はないのだが、米国の雰囲気が味わえるという点でちょっとしたプラスポイントだ。

さてと、これで心置きなく和書も洋書も読みまくろうっと(ダメっ子はそんなに読書家じゃないんだけどね)。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤

またメインレースが仕事の繁忙期とかぶる!

11月は秋のマラソンのメインシーズンだ。

ダメっ子は、過去のこの時期に大田原マラソン(11/23)、つくばマラソン(11月第3または第4日曜)、さいたま国際マラソン(11月第2または第3日曜)にエントリーしてきた。

この時期はまだそれほど寒くないので、寒さが大の苦手なダメっ子にとっては好都合だ。天気が良ければ気持ちよく走れるし、夏場の走り込みの成果が出せる時期でもあるため、毎年11月にはベスト更新を目指すメインレースを入れてきた。

しかし、例年12月に来ていた大きな仕事が、3年前から11月中旬にやってくるようになった。マラソンの準備およびレースの日程ともろにかぶってしまうのだ。

レース前の緊張に仕事の疲れが重なるため、この日程は結構厳しい。それだけが原因ではないが、過去3年間はこの時期のメインレースを2回欠場している(2015年さいたま、2017年大田原)。唯一出場できたのは、2016年のつくばマラソンだが、この時も不本意な結果に終わっている。

こういう事態を避ける意味合いもあって、今年は、「つくば」、「大田原」のエントリーを回避し、12月に開催日が変更になった「さいたま国際」にエントリーしたのだ。

しかし、今年は過去3年間にこの時期に来た仕事がまだ来ない。変だなと思ってクライアントに聞いてみたら、今年は12月7日を挟む前後1週間くらいになる見込みだという。

何だよ~!!せっかくレースの日程をずらしたのに、仕事の日程もレースにぴったり合わせて着いてきちゃったよ。そうと分かっていれば、タイムが出やすくて、知り合いもたくさん出場する「つくば」にエントリーすれば良かった。

まあ、いいや。仕方ない。

今までダメっ子は何かと細かいことを気にしてカリカリしていたが、最近、それでいいことはないと気づいたのである。

せっかく何ヵ月もこのレースに向けて準備してきたわけだから、簡単に諦めたらもったいないし、クライアントも良心的で、無理な納期をゴリ押ししてきたりしないので、何とかなるでしょう。

それに、誰も期待していないし自分も期待していないけど、PB更新とかサブスリーとか意外にできちゃうかもしれないし。

まあ、とにかく仕事もレースも最善を尽くす。そうすれば、仮に結果が悪くても経験値が上がって、次の仕事やレースに生かせるはず。

頑張ろうっと。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤

「英語多読 すべての悩みは量が解決する!」を読んだ:絵本を読むのはLSDに近い感じ?

昨日、「英語多読 すべての悩みは量が解決する!」という本を読んだ。

英語の多読をすると、読解力はもちろん、リスニング、スピーキング、ライティングの力も伸びるし、語彙も自然に増えるというのがこの本の主張。

多読には①辞書は捨てる、②分からないところは飛ばす、③会わないと思ったら投げる、という3原則があるそうだ。

そして特徴的なのが、語数の少ない幼児用の絵本からスタートして、徐々にボリュームが多く、内容も難しい本にシフトしていくというところ。その過程で、上記の3原則を厳守して、莫大な量をこなしていくと、英語の基礎力が鍛えられ、4技能すべての力が高まっていくという仕組みだ。

この「絵本からスタート」という点は英検1級取得者などの上級者でも変わらないという。特に絵を良く見るのが大事なんだそうだ。しかも、多読が進んで難しい本を読む段階になっても、絵本を読むのはやめない方がいいらしい。

Amazonのレビューを見ると、上級者が絵本からスタートする理由が分からないので、その点は受け入れられなかったとする意見があった。

僕もこの本を実際に読むまでは、その意見が分からなくもなかったが、読んでみたら、なぜ絵本が大事なのかがよく分かった。

実際に幼児用の絵本をパラパラ見てみると、「あ、こういうときはこういう表現を使うのか~」とか「この表現って、こういう意味なのかな?」と思うことが結構ある(ちなみに、ダメっ子も英検1級を持っている)。

そういう表現は、基本的な単語の組み合わせでできていることが多いが、自分では使いこなせていない。しかし、このような表現こそが英語の中核を成しており、それを体に浸透させることが英語の基礎力の構築につながるのだと考えられる。

そして、英語を訳さずにそのまま理解する回路を脳内に作るためには、日本語と英語を結び付けるのではなく、表現される状況と英語を直結させる必要があり、そのために絵本の絵が効果的に機能するのだと思われる。

こうした基礎の基礎からコツコツ積み上げ、力が伸びた後も基礎を鍛え直すことを忘れずに行うというのは、マラソンの練習にも通じるところがあると感じた。

マラソンの練習では、ゆったりとしたペースで走ることが大部分を占め、それが走力の基礎を構築する。そしてどんなに走力が上がっても、ゆっくり走る練習は欠かせない。

そう考えると、絵本を読むのはマラソンのLSDのようなものなのだろう。

多読の話に戻るが、辞書を引かないとか、分からないところは飛ばすということは、読むための障壁をできるだけ取り払うための工夫だと考えられる。

単語の意味を調べたり、構文解析をしたりしない代わりに、何の予備知識がなくても直感だけで内容が分かる文から読み始め、大量の文を読みながら薄皮を重ねるようにレベルを上げて、ネイティブ・スピーカーが言語を習得するのと同じように言葉の仕組みや語彙を体に浸透させるというのが、多読のやり方なのだろう。

赤ちゃんがネイティブ・スピーカーとして言葉を習得するときはこれを音声だけでやるが、母語用に耳がチューンアップされた大人にそれは難しい。しかし、視覚でしっかり識別できる文字を使えば、大人にも効果的なのではないかと、僕は思う。

なおこの本の執筆に関わっているNPOによると、「多読」は当初は文字通りたくさん本を読むことだけを意味したが、最近は音声や映像も方法論に取り込んで「Tadoku」と称しているという。そうすることで、文字で固めた英語の基礎力をさらに多角的かつ実用的に高めることができるのだろう。

なかなか面白い方法だと感じたので、ダメっ子も多読、ないしTadokuを採り入れて英語漬けの生活を試してみようかな。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤