新しいKindleをどう使うか

ダメっ子は先日、日本のAmazonでも使えるKindleを新たに入手した。今まで持っていたKindle KeyboardはアメリカのAmazon.comのアカウントでしか使えなかった(イギリスとかでも使えると思うが、自分は日本と米国にしかアカウントを持っていないので)。

それを機に、日本のアカウントでKindleを利用し、Prime Readingとkindle unlimitedも試し始めたが、完全に満足しているわけではない。それには幾つか理由がある。

ダメっ子はこれまで洋書を読むのにKindleを利用していたが、和書はKoboで読んでいた。

そのため、新しいKindleを日本のアカウントに紐付けして、それで和書も洋書も読むことにすると、過去に米国のAmazonで買った洋書も、楽天で買ったKoboの和書も、その端末では読めなくなる

今までの本は全て、読み直すときに従来の端末を利用することにして、新しい本はKindleで読むとしても、やはり問題がある。

まず、日本のアカウントに紐付けすると、Goodreadsとの連携や新聞・雑誌の定期購読など、米国のアカウントで使える一部の機能が使えなくなる

またkindle unlimitedとPrime Readingについても、読みたい本があまり読み放題の対象になっていないという点が残念だった。雑誌には読みたいものがいくつかあるが、雑誌だけなら楽天マガジンの方が安いし種類も豊富だ。洋書の対象書籍が検索できない(やり方があるのかもしれないが、普通に使っているとできない)のも問題だ。

ただ、和書で読み放題の対象のタイトルを眺めていると、何年か前に読もうと思って読まなかった本がちらほら出てくるので、そういうのが無料で読める楽しみはある。それに、高価な専門書もたまに含まれているので、それも重宝する。

こんな感じで良いところも悪いところもあるので、新しいKindleも古いのと同様にアメリカのアカウントにつないで、洋書は米国Amazonで買い、和書はKoboで楽天ポイントを使って買う、という従来と同じスタイルに戻すことも考えている。

しかしそうすると、外出先で和書と洋書の両方を読みたいときに2つの端末を持ち歩かなければならず不便なので、できれば1つの端末に集約したい。

そうすると、この前までと同様に、Koboで洋書も読むという選択肢もある。

つまり、ダメっ子の電子書籍端末の使い方には、選択肢として以下の3つが考えられる。

  1. Kindleで洋書(米国Amazon)、Koboで和書(楽天)を読む
  2. Kindleで洋書と和書(両方、日本Amazon)を読む
  3. Koboで洋書と和書(両方、楽天)を読む

今までずっと「1」でやってきて、この2ヵ月くらいは「3」でやってきたので、「2」だけまだ十分に試していない。

これからもう少し「2」を試してみて、一番自分にフィットするやり方を選んでみることにする。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤

好きなことをして生きていく・・・人生にもっとワクワクを!

「好きなことをして生きていく」とか、「好きなことを仕事にする」とかいうのは、最近”はやり”のテーマらしい。

試しにAmazonのサイトで「好きなこと」をキーワードに和書の検索をかけると、同じようなタイトルの本がたくさん出てくる。

517件!!

好きなことを仕事にする、あるいは生活の中心にするというのは、おそらく誰しもがあこがれる幸せな生き方だから、こういう本がたくさん売れるのだろう。

ダメっ子はどうかといえば、結構、好き勝手なことをして生きている。ダメ人間だから、苦手なことは多いし、それを克服することもできない。結果として、ほぼ好きなことばかりしている。一応、あまり好きでもないトイレ掃除とかもしているが(当たり前か ^^)、好きな翻訳を仕事にしているし、趣味のランニングも毎日できている。

これはサラリーマンをやめるときに思い描いていた理想の生活だ。

いろんなことを頑張って、その時々でいろいろな選択をしてきた結果、少しずつ理想の生活に近づいて今に至る。

しかし最近、こういう理想の生活をしているにもかかわらず、ハッピー度が以前ほど高くない。

なぜだろう。

よく考えてみたら、自分の成長が感じられなくなっているからかもしれない。

以前は仕事については、「こんな仕事やあんな仕事も引き受けて何とかこなした」とか「レートや年収が上がった」とか「お客さんに褒められた」とかいうことがあったが、最近はほとんど同じことばかりしているのでマンネリ化しつつある。

ランニングについても、去年、オーバートレーニング症候群になってからは自己ベストを更新できていないし、更新に挑戦することすらできていない。

そんなわけで、日ごろからワクワクすることが以前より少なくなっている。

仕事にしてもランニングにしても、幸福感と充実感を高めるために、何か工夫が必要になってきた気がする。

幸いにも好きなことをして生きていく体制は整っているので、あとは好きなことにもっとのめり込んで、ワクワクしながら自分を成長させるように、考え方を変えるとか、新しいことを始めるとか、やる気が奮い立つ目標を見つけるとかしてみようと思う。

ダメっ子の好きなこと、得意なこと、他の人に比べて知識や経験が多いこと、興味のあること・・・その辺を考慮に入れて、他の人にできないサービスを提供するといったことができないか、よく考えてみようかな!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤

Kindle 対 Kobo = 「プライム」対「楽天ポイント」

ダメっ子は新しくKindleを入手した。

これまでもKindleは使っていたが、ずっと米国のAmazon.comのアカウントに紐付けしていた。

今回入手したKindleは日本のAmazon.co.jpで使うことにした。プライム会員になっているので、その恩恵をKindleでも受けようと思ったからだ。

ちなみに米国のアカウントで使っているKindleはKindle Keyboard。一時期、Paperwhiteを使っていたこともあったが、誤って壊してしまって以来、このだいぶ古い機種を使っている。

なおダメっ子は、Kobo Aura ONEも持っている。これまでKoboは楽天ポイントで安く買った和書、PDFの資料、Pocketに保存したウェブサイトを読むのに使い、Kindleは英語の書籍とCalibreで飛ばした定期刊行物を読むのに使うという形ですみ分けしてきた。

しかし新しいKindleが来たので、試しに日本語の書籍とPDFもKindleで読んでみた。すると意外なことが分かった。

PDFをKobo Aura ONEで読むようにしていたのは、画面が大きいので小さい文字も比較的読みやすいと思ったからだ。画面を横にして横幅いっぱいに表示すると、まあ何とか読める。ただし、そうするとページの下半分が表示されず、画面をスライドして切り替える必要があり、それに4、5秒かかるのがストレスだ。

Kindleで同じことをしてみたら、やはり画面が小さいので少し読みにくい。しかし細かな字もきれいに表示されるため、意外にストレスは少ない。

そして素晴らしいのが画面の切り替えだ。Koboだと上述のようにページの下部を表示するのに画面を縦にスライドする必要があるが、Kindleはページ送りをするだけで自動的にページの下部が表示される。画面の切り替えに要する時間は約1秒。これはノンストレス

つまり、意外にもPDFを読むには、KoboよりもKindleの方が適していた。

端末の仕様としてKindleの欠点は、辞書が引きにくいところだとダメっ子は思っていた。単語をタッチすれば辞書で意味が表示されるが、複合語などで辞書に見出しがないときに、手作業で辞書を検索して調べることができないと思っていたからだ。

しかし、よ~く調べてみると、できないことはなかった。単語をタッチすると、辞書のウインドウが開くが、その他に「ハイライト」「メモ」などの機能を使うためのツールバーも開く。このツールバーの一番右のアイコン(「・・・」を縦にしたやつ)をタッチすると、「辞書を開く」というオプションが表示される(これって前からあったっけ?)。

これをタッチすると、辞書をフル画面で開くことができ、辞書内の検索やハイライトなどもできる。

Koboでは、単語をタッチすると、同様に辞書のウインドウが開き、さらにそのウインドウをタッチするとフル画面が開く。フル画面が開くまでの操作手順はKoboの方が楽だが(1ステップ少ない)、KoboではKindleのように辞書の中身をタッチして、さらに単語を調べたり、ハイライトをつけたりすることはできない。

総合的にみると、辞書についても微妙にKindleの方が便利だと言えるだろうか。Kindleはハイライトをまとめて管理できるので、それを単語帳に活用することもできるかもしれない(まだ試していない)。そもそもKindleには自動で単語帳を作る機能があるのだが、辞書を引いた単語を、ミスタッチしたものも含め片っ端から単語帳に登録してしまうので、そこはちょっと問題である(しかも登録した単語を一括で消去する機能が多分ない)。

そんなわけで、端末としてはKoboよりもKindleの方が使いやすいという感想を持った。

問題は、コンテンツも含めて考えたときに、どちらの方が使いやすいかだ。

本の買いやすさはAmazon(Kindle)の方が上。楽天Koboのサイトは検索機能が弱くて、キーワードに書名の最初の言葉が入っていないと見つからないことが多い(特に洋書)。レビューも楽天はほとんどないし、あっても役に立たないものが多い。

どちらがお得に本が買えるかという観点で見ると、Koboは楽天が運営するため、楽天ポイントが使えるのが大きなメリットだ。ダメっ子は公共料金の引き落としなどに楽天カードを使っているので、楽天ポイントが知らないうちにどんどん貯まる。しかも楽天はクーポンをよく発行するので、ポイントとクーポンを組み合わせると、かなり安く本が買える。ダメっ子は今までそうして100冊くらい無料で本を入手したかもしれない。

それに対し、Kindle本を販売するAmazonは、楽天に比べてポイントは貯まりにくいし、電子書籍のクーポンも発行しない。

しかしAmazonはプライム会員向けのサービスが充実している。

プライム会員向けのサービスというと、無料配送ならびに映画や楽曲の無料視聴が有名だが、prime readingというのもある。プライム会員だと、数百冊の本や雑誌が無料で読めるのだ。

さらに月額980円でkindle unlimitedを利用すれば和書・洋書合計100万冊以上が読み放題になる。

また、プライム会員とは無関係に、Kindle本の日替わり、週替わり、月替わりセールも実施されており、読みたい本がセール対象になっていれば、かなりお得に入手できる。

つまり、KindleとKoboの対決は、「Amazonのプライム会員向けサービス」対「楽天ポイント」の様相を呈していると言える。

KindleとKoboのどちらを選ぶか迷ったら、端末の差はあまり大きくないので(ダメっ子はKindleがやや上だと思う)、プライム会員サービスと楽天ポイントのどちらに魅力を感じるかで判断するとよいのではないか。

ダメっ子は今まで楽天ポイントに満足していたが、Amazonのサービスも魅力的に思えるので、こちらについてもこれから使い勝手を試してみようと思う。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤