酸素カプセルで料金支払いを拒否-不幸をはじき返す気持ちが大事

僕は自分のことを、割と運が悪い人間だと思いがちなところがある。

マラソンの日に天気が悪かったり、予定を狂わす不測の事態があったりすると、「ああ、やっぱりね。自分はついていないから、またこんな不運な目に遭ってしまった」と心のどこかで思ってしまう。

そして、ちょっと悪いことがあると、自分の運の悪さを証明するかのように、それによる悪影響を進んで受け入れてしまう。つまり、僕は運が悪いように思えるかもしれないが、その運の悪さの少なくとも一部は自分から呼び込んでいる。

最近、自分のそういう問題点に気づいた。これを改善すれば、運も良くなるし、いろんなことのパフォーマンスも上がってくるのではないだろうか。

そう思っていたところ、先日、ちょっとした出来事があった。

3月10日のはなももマラソンに向けて疲労を抜くため、酸素カプセルに行くことにした。以前、マラソン前の酸素カプセルが効いたと知人から聞いたからだ。

幸い、わが家には酸素カプセルの回数券がある。子どもが3年前に中学受験をしたとき、頭が冴えるというふれこみを聞いて酸素カプセルに何度か入らせた。そのときに買った回数券が余っているのだ。

しかし予約してお店に行くと、この回数券は3年の期限が過ぎているので使えませんと言われた!

期限があるとは知らなかった。買ったのは家内なので、僕は直接お店の説明を聞いていないが、回数券の券面にはどこにもそんなことが書かれておらず、期限のことは全く意識していなかった。

1、2回分だったらまだあきらめもつくが、30回分のうち12回分くらいが残っていたのだ。この回数券に家内は8万円以上払っていた。ざっくり計算して3.2万円(8万円x12/30)をドブに捨てたことになる。

しかも今日は3780円の利用料がかかるという。ただし、延長してもその分はサービスすると申し出てくれた。

せっかく時間をとって雨の中、電車に乗ってやって来たのに、このまま帰るのも空しいので、10分延長して利用することにした。

カプセルの中で考えた。今までの自分なら、この不幸を受け入れ、「3万円以上ドブに捨てたうえ(払ったのは自分ではないけれど)、今日の利用料も取られた。ひどくない?」と自分の不幸ぶりを他人にアピールするところだ。

しかし、期限の経過に気づかなかった自分の非を認めるとしても、それに対して3万円超のペナルティは大きくないか。この会社は5万円分のサービスしか提供せずに(しかも酸素カプセルの1回当たりのランニングコストなんていくらでもないはず)8万円を懐に収めることになるが、それは儲けすぎではないのか。

しかも、大損をしたというショックに追い打ちをかけるように、無料だと思っていた今日の支払いが3780円になるとは・・・

これは不当だとアピールしても、いいのではないか。せめて、今日の料金くらい免除してもらうよう交渉してみるか。

規定の時間が過ぎてカプセルから出たあと、担当の人に、回数券に期限の記載がなかったこと、3万円を捨てるうえに今日の料金を払うのは受け入れがたいことなどを説明すると、社長を呼んできてくれた。

同じことを話すと、社長は「では、どうされたいですか」と聞いてきたので、「今日の料金は払いたくないです」と言ったところ、あっさり応諾してくれた。

3.2万円の損が2.8万円になった程度のことだが、今日の支払いがゼロになるというのは心理的に大きい。

そして僕にとってそれ以上に大きかったのが「不幸をそのまま全て受け入れずに、わずかでもはじき返すことができた」ということだ。

普通の人から見れば、全く大したことではないかもしれないが、僕にとっては、「自分の行動で未来を少し変えることができる」という感覚が持てたという意味で、先日の減量目標達成に続く大きな成功体験だった。

こうやって少しでもよい結果を目指して前向きに動いていけば、少しずつ良いことが起こっていくんだな。

ダメっ子脱却に向けて一歩成長できた一日だった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング

Amazonゴールドカードに家族カードが誕生-Amazonヘビーユーザーにお勧め!

この間、Amazonゴールドカードの発行申し込みをして、カードをゲットした!

もともと年会費実質無料のAmazonクラシックカードを持っていて、それをゴールドに切り替えた。

その他に、Amazonカードと同じ三井住友カードから発行された三井住友VISAゴールドカードも随分前から持っているが、こちらは解約しようと思っている。

Amazonゴールドと三井住友ゴールドのカードの機能はほとんど同じだ。それなのになぜ、わざわざ申し込んだのか。幾つか理由があるので順に説明する。

1. ポイントがたくさんつく

三井住友VISAゴールドカードは、海外旅行保険が充実しているところ、空港ラウンジが使えるところ、家族カードが無料で発行できるところ、ポストペイ型電子マネーのIDが使えるところが気に入っていたが、ポイント還元率が0.5%と低いので、普段は使わず、海外旅行保険と空港ラウンジ利用のために保有していた。

一方、Amazonゴールドカードはポイント還元率が通常1%、Amazonでの買い物は2.5%となる。しかも他の多くのカードと異なり、ポイントモールなどを経由しなくても、普通に買物するだけで上記の高率のポイントがつく。

ちなみにAmazonクラシックカードの場合、Amazon以外での買物でつくポイントは1%でゴールドと同じ。しかしAmazonでの買物では、Amazonプライム会員であれば2%、そうでなければ1.5%となる。以下で説明する実質年会費を勘案すると、Amazonで年間8万4000円以上買い物する人は、ゴールドカードの方がお得になる。

2. 年会費が割安

Amazonゴールドカードの年会費は、三井住友VISAゴールドと同じ1万円+消費税。ゴールドカードとしては標準的だ。

しかしクレジットカードに詳しい方はみんなご存じだと思うが、三井住友カードが発行するゴールドカードには年会費を抑える技がある。

まず、カード利用代金の支払いを自動的に一定額のリボ払いにする「マイ・ペイすリボ」に契約すると、年会費が5000円(税抜き)割引になる。

リボ払いにすると当然、利息を払わなければならないのだが、毎月の支払額をカードの限度額と同じに設定し直せば、リボ払いが適用されることはなくなる。「マイ・ペイすリボ」に契約していれば、年会費はリボ払いの実績とは関係なく割引になるので、この技を利用しない手はない。

また、請求書の郵送をやめて、ウェブで閲覧するようにすれば、さらに年会費が1000円割引になる。

この2つの合わせ技で、年会費は4000円+消費税になる。

しかも!Amazonゴールドカードの保有者はAmazonプライムの年会費(税込み3900円)が無料になる。

Amazonプライムは、Amazonで買物をしたときのお急ぎ便の送料が無料になるだけでなく、ストレージサービス、映像・音楽コンテンツ、一部の電子書籍などが無料で利用でき、非常にお得なので、かなり前から継続利用している。

つまり、税込み(消費税8%の段階で)4320円の年会費で3900円のサービスが無料になるので、実質年会費は420円になると考えられる。

420円で海外旅行保険と空港ラウンジが使えるのはありがたい。

ただし上記の割引が適用になるのは2年目からだそうで、1年目は普通に1万800円を払わなければいけないようだ。

3. 家族カードが発行できる

では、そんなお得なAmazonゴールドカードになぜ今まで申し込んでこなかったかというと、家族カードの扱いがなかったからなのだ。

三井住友VISAゴールドカードは、無料で家族カードを1枚発行できるので、年会費4320円を払えば、奥さんと2人分の空港ラウンジ料金が無料になる(子どもと一緒に使うときは、子どもの分は払わなければならないけど)。

しかし、今年の1月から家族カードの発行が始まったのだ!これで三井住友VISAゴールドカードとAmazonクラシックカードを1枚にまとめることができる。そうすれば財布は整理できるし、Amazonプライムの年会費分のコストが浮く。

ちなみに、三井住友VISAゴールドカードとAmazonゴールドカードの間には、ポイント以外にも幾つか違いがある。

まずAmazonはカードの国際ブランドがマスターカードだということ。国際ブランドに付随するサービスに多少違いがあるが、自分にはほとんど関係ない。カードが利用できる場所もVISAとマスターでほとんど違いはない。

また三井住友VISAゴールドカードには、上位のプラチナカードがあるが、Amazonゴールドカードに上位カードはない。僕は年会費5万円も払ってプラチナカードにするつもりはないので、これも問題なし。

なので、Amazonゴールドカードへの乗り換えは、自分にとっていいことばっかりだと思われる。

Amazonのヘビーユーザーは検討してみる価値があると思いますよ!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング