体力低下サイクルから抜け出すには

このところ、絶不調が続いている。

走るとすぐに疲れてしまい、ペースも上げられないし、長くも走れない。ゆっくり走っていても心拍数は大きく上がり、呼吸も荒くなる。そして日に日に調子が悪化していく。

走っているときに見かけた花。何という花だろう

以前も、オーバートレーニング症候群で同じような状況になったことがある。

今回は男性更年期障害による不振が治りかけてきたと思ったら、またぶり返した感じ・・・。しかし男性ホルモンの値は回復しているし、腎臓の値にも大きな問題はないと医師に言われたので、運動をやめる必要はないと考えている。

そこで、復調のきっかけをつかむため、過去の不調期の練習日誌を振り返り、当時の不調をどうやって乗り越えたのかを検証してみた。

2年前のこの時期(2017年7~8月)は、まさにオーバートレーニング症候群に悩まされていたころ。ちなみに、この年の10月から少しずつレースに復活し、翌年3月にはフルマラソン復帰レースを3時間9分で走っている。

当時はどんなことをしていたかと言えば、アップダウンの少ないところをすごくゆっくり走っていた。キロ7分とかで走り始め、体調が良ければペースを少しずつ上げる

そうすると徐々に調子が上向いてくるようで、日を追ってペースを上げて走れるようになっていた。そして調子が十分に上がり、ペースを上げて走ってみたい気持ちになったときに、その気持ちに応じてペースを上げていた

また睡眠を多めに取るように心がけていた。

最近の練習は、自分の今の体調にしてはペースが速すぎた可能性がある。過去の練習に比べてかなり落としていたのだが、それでも速すぎたのかもしれない。そのせいで、練習を重ねるたびに疲労が溜まり、体力が落ちていったということが考えられる。

復調を目指すに当たり、明日からは練習メニューの構成はリディアード・ランナーの指定のままにして、ペースをグッと落としてみようと思う。練習メニューで指定されるペースや距離は気にせず、時間だけに注目してみる。時間も長すぎると感じれば短くする。

こうしたスタイルでコツコツ練習していれば、また調子が上がって、秋から冬にかけて、またそこそこ走れるようになるかもしれない。

とりあえず、こういう方針でやってみる!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング

ランニングで腎臓の機能が低下?クレアチニンの値は心配なし

ランニングは健康に良いと一般的に考えられているが、やり過ぎは良くない。

僕はランニングを健康のためではなく、自己実現(記録向上を通じて自分の成長を感じる)のためにやっているので、むしろ健康を多少犠牲にして走ってきた。

だが、最近は体力低下に悩まされるなど、ランニングのやり過ぎが原因だと考えられる健康上の問題が生じており、さすがに気をつける必要が出てきた。

特にこの間、男性更年期障害のままランニングを続けていると腎機能障害につながる可能性があると聞いたため、男性ホルモンの値と腎臓の機能の指標であるクレアチニンの値に注目している。

男性ホルモンの値は先日のブログで書いたように、ホルモン注射によって改善した(ただし、まだ経過観察が必要)。

一方のクレアチニンについては、今まであまり意識していなかったので、改めて過去にさかのぼって血液検査の結果を検証してみた。

すると、2010年から2017年まではおおむね1.00~1.10で推移していたが(基準値は0.81~1.04)、2018年以降5回の計測値は1.09~1.21の範囲にわたっており、直近が最大となっていることが分かった。

趣味のランニングのやり過ぎで腎不全になって透析を受けることになったりしたらシャレにならないので、一応、スポーツ医療に詳しい医師の見解を聞きに行ってきた。

医師によると、クレアチニンについては、少し高いがすぐに運動をやめなさいというレベルではないとのこと。運動禁止を言い渡すのは2.0以上の場合だそうだ。ランナーや筋肉質の人は高めの数字が出る傾向があり、僕もそのパターンの可能性が高いようだ。ただし、上昇傾向が続くようなら、また相談して欲しいと言われた。

また、クレアチニンの値だけでは実は腎臓が悪いのかどうか判断できないので、どうしても気になれば、より詳細な検査を受けてみたらよいとのこと。

体力の低下については、血液検査の結果からは原因は見えないそうだ。本当に体力がないのか(思い込みではないのか)という点も含めて検査するには、スポーツ版人間ドックの受診を勧めると言われた。

つまり、現時点では、そんなに心配する必要がないということのようだ。

よっしゃ、腎臓の問題の懸念は和らいだので、体力向上のためのトレーニングと、臀部のケガを治すためのケアに専念できるぞ。

これから頑張ろう!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング