体調不良はエアロビック能力の低さが原因か?-マフェトン理論に改めて注目

僕は2年前にオーバートレーニング症候群に苦しめられ、数ヵ月前からはおそらく更年期障害が原因の体力低下に悩まされている。

ケガや病気ではないのに長期にわたって満足に走れなくなってしまうのは本当に辛い。

一度ならず二度までもそうした状況になってしまったのはなぜだろうか。

男性更年期障害の原因の一つに、運動やその他のストレスにより発生する活性酸素があると聞いた。

そこでふと思い出したのが、1年位前に読んだ「『マフェトン理論』で強くなる!」という本だ。

この本にも活性酸素が体調不良につながると書いてあったのだ。

そして負荷の強い練習で発生する活性酸素に負けて体調を崩すのは、エアロビック(有酸素運動)能力の不足が原因であり、エアロビック能力を鍛えれば、活性酸素による酸化ストレスを抑制できるという。

僕が再三、体力低下の問題に悩まされているのは、エアロビック能力が不足しているからではないだろうか。

僕の周りには無類のスタミナの強さを誇り、何年にもわたって安定して高いパフォーマンスを残しているランナーが何人もいるが、言われてみると、そうした人たちは押し並べて超スロージョグをたくさん行っている。

それに対し、僕は走力に比して日頃のジョグのペースが速い。

うーん、かつて僕は、マフェトン理論に基づく練習は負荷が弱すぎて効果がないと切り捨ててしまったが、基礎の基礎を鍛えて体調を崩さないようにするには、マフェトン式の練習が実は最も効果的なのかもしれない。

体調が戻ったら、負荷(頻度と時間)を落としてリディアード式のトレーニングを再開しようと思っていたが、その前の段階に数ヵ月間、心拍数を抑えた超スロージョグを頻繁にやってみようか。

マフェトン理論の本には体調の整え方に関する記述も多くあるので、もう一度ちゃんと読み直してみようと思う。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング

腎機能障害のリスク-しばらく休息へ

昨日、やる気満々のブログを書いたあと、サブスリー達成に向けてまずやるべきことは何かと考えた。

その結果、1ヵ月間にわたり続いている右臀部の痛みをどうにかしようと思い、前に逆の左臀部の痛み(坐骨結節の剥離)でお世話になった治療院に行ってみることにした。

ケガには鍼などの治療を受けた。前回と同じような症状だが、前よりは軽度なので、走った後に冷やしたり、日々マッサージをしたりしていればよくなるという。

そして、最近悩まされている体力の低下についても、先生に軽く相談してみた。

2、3キロ走るだけで疲れてしまうので、血液検査を受けたら男性ホルモンが足りないと言われたと説明すると、衝撃の話を聞いた!

「あー、それはしっかり治した方がいいですよ。40代後半でサブスリーを目指して頑張っている人がよくそうなる。うちの患者さんにも何人もいた」

「治るまでに半年ぐらいかかるかもしれないけど、絶対にしばらく休んで治した方がいい。頑張り続けると腎臓が悪くなって、最悪、人工透析になる

ええええー!そうなの!?

まずは3週間くらいは走るのを休んだ方がいいらしい。筋トレは心拍数が大きく上がらない範囲に抑えればOK。プールで水中ウォークなどもよい。心拍数が大きく上がって汗をたくさんかく運動は、しばらく避けるべきだという。

それから男性ホルモンを高めるためにタンパク質をとるのは大事だが、同時に脂質をたくさん摂取してしまうと腎臓に悪いので、ささみ肉とか大豆でタンパク質をとるとよいそうだ。お酢とかアミノ酸(アミノバリューとか)を積極的にとるのもよいらしい。

スポーツ医学に詳しくないお医者さんは、この辺のアドバイスができないことが多いので、注意が必要なんだそうだ。

おー、びっくりしたけど、このところの体調不良の打開策が見えて、視界が開けた感じがする。

サブスリーに向けて僕が優先すべきことは、体をゆっくり休めて体調を整えることだった。3ヵ月はホルモン注射を続けて、当分は栄養と休養・睡眠を十分にとることを特に重視する。

そして、その間は英語の勉強とか読書とか、ランニング以外のことに力を入れることにしようかな。

いきなりの方針変更を余儀なくされたわけだが、やるべきことが分かったのでよかった!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村


マラソン・ジョギングランキング


翻訳ランキング