ノウハウ, 翻訳

この間、仕事のスピードが落ちていると書いた。

そのときは英語の読解力など基礎的な力が劣化しているのが原因ではないかと考えた。しかしそれが主因だとすれば、仕事のスピードはジワジワと落ちてくるはず。最近、急にペースが落ちたのはどうも不自然だ。

ほかに原因を探ってみたところ、これまで使っていたWord 2007をOffice 365に切り替えてから、ソフトの立ち上がりや文字入力のレスポンスが遅くなっていることが思い当たった。そこで今日は試しに「2007 ...

ノウハウ, ランニング, 練習メニュー考察, 翻訳

今週は疲れがたまってきたので、火曜日のファルトレクをお休みして休息日とした。

水曜日は有酸素走。リディアード・ランナーのメニューでは2時間5分で24.5km走るのが基準になっており、許容範囲は1時間47分~2時間18分、19.0~28.3kmとされていた。

しかし先日のブログに書いたように、時短と負担軽減のため平日の練習時間は1時間半くらいまでにすることにしたので、実際に走ったのは1時間33分で18.5km。前日休んだことが奏功して、月曜の有酸素 ...

ノウハウ, 翻訳, 翻訳雑感

一流の翻訳家の訳文を原文と比べて読むと、ううむ、さすが・・・と唸ることがままある。

近年、AIの発展が著しく、翻訳者の仕事はコンピューターに取って代わられると言われているが、原文の形だけからは、ちょっと出てきそうにないプロ中のプロの訳文をみると、これは当分、コンピューターにはできないでしょ、と思う。

逆に、受験勉強の英文和訳の延長に過ぎない「単語の置き換え」の翻訳は早晩、AIに駆逐されるだろう。

これから数十年、翻訳者として生き残ろう ...

ノウハウ, 翻訳, 翻訳雑感

仕事の資料として金融レポートの翻訳を読んでいると、どうも内容が頭に入ってこないことがよくある。

もっと集中して読まないといけないと思い、単語や構文に注意しながら読んでいたら、内容が頭に入ってこない理由が、おぼろげながら分かってきた。訳文に問題があるのだ。

分析すると、分かりにくい訳文も、たいてい構文はきちんとしている。常に原文と照らし合わせるわけではないが、訳文から原文の構文が透けて見え、フレーズごとに非常に正確に訳出してあるのだと思われる。

ノウハウ, 翻訳, 翻訳雑感

このところ、ダメっ子の翻訳(英日)のペースが上がっている。以前の自分が「標準」とみなしていたペースの2倍に達することもある。

今までもそのくらいのペースで訳せることはあったが、長く続けられなかったので、1日全体で見ると、あまり処理量は伸びなかった。それどころか、スピードアップした後に疲れてペースダウンしてしまい、トータルではかえって遅くなってしまうことすらあった。

しかし最近は急速ペースが前よりも持続し、一日でこなせる量が増えてきた。