Kindleは米国アカウントに変更

ダメっ子は米国のAmazon.comのアカウントでKindleを利用してきたが、先日、Kindleを新調してからは、日本のアカウントで利用している。

折しも、kindle unlimitedのキャンペーンもやっていたので、それにも乗っかって、何万冊もの対象書籍を好きなだけ読める体制にしてみた。

それに伴い、米国のAmazon.comでのKindleの利用はいったん打ち切った。

また、これまで主に和書の電子書籍を読むのに使ってきた楽天Koboの使用もやめて、Kindleに一本化してみた。

こうすると、持ち歩く端末が減るし、Kindleへの愛着もますます湧くと思ったが、意外にワクワクしてこない。

その理由はいくつかある。

まず、kindle unlimitedで読める洋書が少ない。というか、読める本はたくさんあるはずなのだが、unlimited対象の洋書の検索がなかなかできない。探してみても、読みたい本があまりない。

和書についても、読み放題対象のリストから読む本を選ぶのも楽しいが、読書に充てられる時間は限られているので、やっぱり限られたラインナップから選ぶのではなく、普通に買ってでも好きな本を読みたい。

また米国アカウントには過去に買った洋書がたくさんある。それにAmazon.comではKindle本のバーゲンがしょっちゅうやっているので、別にPrimeやunlimitedに契約していなくても、欲しい本が格安で買えることが割とよくある。

和書についても、楽天Koboで買った電子書籍がたくさんあるので、Koboの使用をやめると、それらが読み返せなくなる。それにせっかくKobo Aura Oneを持っているのに宝の持ち腐れになってしまう。

よって、以前と同じように、Kindleは米国のAmazon.comで買った電子書籍、定期購読している雑誌や新聞、Calibreで飛ばす雑誌や新聞のデータ、Push to Kindleというアプリで飛ばすウェブサイトのデータ、一部のPDFを読むのに使うことにする。

Koboでは楽天で買った電子書籍(和書、マンガ)を読む。

さらにKindle Fire HD 10を使って、PDFおよび日本のAmazonで買った書籍を読むことにする。

いろいろ使い分けなければならないので面倒だが、すでに持っている端末や書籍データを効果的に利用できるうえ、今後の書籍購入のコスト効率も悪くないので、結局この方法がベストのような気がする。

米国のアカウントにKindleを紐付けすると、米国Amazonの広告が入ってきて面白いとか、Audibleの音声をブルートゥースでイヤホンに飛ばして聞けるとか、Goodreadsが使えるといった利点もある。これらは自分にとってあまり実用性はないのだが、米国の雰囲気が味わえるという点でちょっとしたプラスポイントだ。

さてと、これで心置きなく和書も洋書も読みまくろうっと(ダメっ子はそんなに読書家じゃないんだけどね)。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤

新しいKindleをどう使うか

ダメっ子は先日、日本のAmazonでも使えるKindleを新たに入手した。今まで持っていたKindle KeyboardはアメリカのAmazon.comのアカウントでしか使えなかった(イギリスとかでも使えると思うが、自分は日本と米国にしかアカウントを持っていないので)。

それを機に、日本のアカウントでKindleを利用し、Prime Readingとkindle unlimitedも試し始めたが、完全に満足しているわけではない。それには幾つか理由がある。

ダメっ子はこれまで洋書を読むのにKindleを利用していたが、和書はKoboで読んでいた。

そのため、新しいKindleを日本のアカウントに紐付けして、それで和書も洋書も読むことにすると、過去に米国のAmazonで買った洋書も、楽天で買ったKoboの和書も、その端末では読めなくなる

今までの本は全て、読み直すときに従来の端末を利用することにして、新しい本はKindleで読むとしても、やはり問題がある。

まず、日本のアカウントに紐付けすると、Goodreadsとの連携や新聞・雑誌の定期購読など、米国のアカウントで使える一部の機能が使えなくなる

またkindle unlimitedとPrime Readingについても、読みたい本があまり読み放題の対象になっていないという点が残念だった。雑誌には読みたいものがいくつかあるが、雑誌だけなら楽天マガジンの方が安いし種類も豊富だ。洋書の対象書籍が検索できない(やり方があるのかもしれないが、普通に使っているとできない)のも問題だ。

ただ、和書で読み放題の対象のタイトルを眺めていると、何年か前に読もうと思って読まなかった本がちらほら出てくるので、そういうのが無料で読める楽しみはある。それに、高価な専門書もたまに含まれているので、それも重宝する。

こんな感じで良いところも悪いところもあるので、新しいKindleも古いのと同様にアメリカのアカウントにつないで、洋書は米国Amazonで買い、和書はKoboで楽天ポイントを使って買う、という従来と同じスタイルに戻すことも考えている。

しかしそうすると、外出先で和書と洋書の両方を読みたいときに2つの端末を持ち歩かなければならず不便なので、できれば1つの端末に集約したい。

そうすると、この前までと同様に、Koboで洋書も読むという選択肢もある。

つまり、ダメっ子の電子書籍端末の使い方には、選択肢として以下の3つが考えられる。

  1. Kindleで洋書(米国Amazon)、Koboで和書(楽天)を読む
  2. Kindleで洋書と和書(両方、日本Amazon)を読む
  3. Koboで洋書と和書(両方、楽天)を読む

今までずっと「1」でやってきて、この2ヵ月くらいは「3」でやってきたので、「2」だけまだ十分に試していない。

これからもう少し「2」を試してみて、一番自分にフィットするやり方を選んでみることにする。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤