勉強方法, 翻訳

昨日、「英語多読 すべての悩みは量が解決する!」という本を読んだ。

英語の多読をすると、読解力はもちろん、リスニング、スピーキング、ライティングの力も伸びるし、語彙も自然に増えるというのがこの本の主張。

多読には①辞書は捨てる、②分からないところは飛ばす、③合わないと思ったら投げる、という3原則があるそうだ。

そして特徴的なのが、語数の少ない幼児用の絵本からスタートして、徐々にボリュームが多く、内容も難しい本にシフトしていくというとこ ...

勉強方法, 翻訳

ダメっ子は毎日、翻訳の仕事で文章を読んではいるが、仕事で読む文章の量はそんなに多くない。

英文和訳の場合でも、用語や表現に気をつけながらきちんと訳文を作ろうとすると、ただ読むのに比べて20~30倍の時間がかかる。ダメっ子は今は和訳しかやっていないが、英訳ならもっとかかる。だから一日中訳していても、そんなにたくさん読めないのだ。

それに翻訳の作業の中で文章を読むときは、1パラグラフを読んで、その内容を頭に入れながら、1文ずつ訳出していくような流れに ...

ランニング, 勉強方法, 練習メニュー考察, 翻訳

最近、e-Athletesのメールマガジンを読んでいると、「劣化」というテーマが採り上げられていることが多い。

走行距離にばかり気を取られ、筋トレ、ストレッチ、動き作りなど、基礎をおろそかにしていると、年齢とともに「老化」とは別に「劣化」が起こり、加齢による影響以上にパフォーマンスが低下していくというのだ。

ダメっ子も、かつては走行距離や練習量を増やすことに夢中になっていた。するといつの間にか5キロのスピードが低下し、体がだんだん固くなり、ついに ...

ツール(辞書、ガジェットなど), 勉強方法, 翻訳

ダメっ子は以前、PDFの資料を読む目的でKobo Aura ONEを買った。

しかしシリーズ最大の画面を持つこの機種でも画面が小さいこと、ならびに拡大表示したときの画面の切り替えが遅いことを理由に、Kobo Aura ONEでPDFを読むのは諦め、これは楽天で購入した電子書籍を読むことにのみ使い、PDFはKindle Fire HD 10で読むことにした。

結果として、英語の本や定期刊行物はKindle Keyboardで読んでおり、タブレット系 ...

ツール(辞書、ガジェットなど), 勉強方法, 翻訳

ダメっ子は、金融翻訳をしているので、日本語と英語で金融・経済関連の情報を入手することは業務上、結構重要になる。

そこで日本語では、ありきたりだが日経を読んでいる。英語はかつて、WSJ.comの有料版を契約して、その記事を毎日CalibreでKindleに飛ばして読んでいた。

しかしWSJ.comの購読料が年々上がる上、なぜかCalibreでの転送ができなくなったので(記事のデータが増えすぎたから?)、解約した。

その後はEconomi ...

ツール(辞書、ガジェットなど), 勉強方法, 翻訳

翻訳の最も効果的な学習方法の一つは、優れた翻訳を原文と照らし合わせて、その翻訳技術をまねることではないだろうか。

それをするのに効果的なツールがある。Kindleだ。

Kindleのメモ機能を使って、訳文を原文に書き込んでいくのだ。

用意するツールは、①Kindle本体(Fireより、Paperwhiteなど目の疲れないE-Inkの端末がお勧め)、②原書のKindle版、③訳書(これは紙でOK)、④PC版のKindleのソフト(無料で ...