新しい練習計画を模索-ぷりんジョグを開始

この間のさいたま国際マラソンは惨敗だった。

ケガなどの理由でファンランに甘んじたレースを除くと、2012年にフルマラソンに復帰して以来、2番目に遅いタイムだった。

ちなみに過去の戦歴を振り返るとざっとこんな感じ(記録はグロス。秒単位の記録は覚えていないので省略)。

  • 1996年3月 佐倉朝日健康マラソン 3時間18分
  • 1996年8月 シドニーマラソン 3時間48分(ファンラン
  • 2012年3月 板橋シティマラソン 4時間6分(ネット:3時間55分)
  • 2012年11月 大田原マラソン 3時間19分
  • 2013年11月 大田原マラソン 3時間26分
  • 2014年4月 かすみがうらマラソン 3時間31分(ケガでファンラン
  • 2014年11月 つくばマラソン 3時間18分
  • 2015年3月 横浜マラソン 3時間11分(ベスト更新)
  • 2016年3月 古河はなももマラソン 3時間04分(ベスト)
  • 2016年4月 かすみがうらマラソン 3時間16分(ケガのため30キロでリタイヤしようとしたが搬送車が来ないので走った)
  • 2016年6月 函館マラソン 3時間07分
  • 2016年11月 つくばマラソン 3時間06分
  • 2017年4月 かすみがうらマラソン 3時間38分(オーバートレーニング症候群のためファンラン
  • 2018年3月 古河はなももマラソン 3時間10分
  • 2018年10月 横浜マラソン 3時間34分(ファンラン
  • 2018年12月 さいたま国際マラソン 3時間28分

16回出場16回完走。ファンラン4回。ガチラン12回。

今回の記録は、ガチラン12回のうち11番目。12番目の板橋シティ(2012年)は、マラソンに16年ぶりに復帰したレース。当時はまだ体力がなかったので、今と比較にならない。今回は実質的に過去最低のレースだ。

なぜこんなことになってしまったのかと言えば、先日も書いたが、一つは仕事の疲れがたまっていたため。もう一つは、フォーム改善に取り組んで、走り方に迷いが生じていたからかもしれない。

それから、根本的に体力のレベルも高くなかった。オーバートレーニング症候群の時期を除くと、2012年11月以降で最も低い方だったかもしれない。

前回、はなももを走ったときも、オーバートレーニング症候群から回復したばかりで、体力レベルは高くなかった。しかし体調が良かったうえに、過去の経験(速いタイムで走ったことがあるという自信)が生かせたので、好タイムが出た。そのときと比べると、今回は体力の上積みがほとんどなかった。

体力が向上しなかったのは、やはり練習に問題があったのだろう。

なので、春シーズンに向けては、練習方法を刷新しようと思う。

過去に記録が伸びたとき(2014~16年)にどんな練習をしていたか振り返ると、快調走をたくさんやっていたことと、自分の練習の後に、息子と3キロくらいゆるジョグをしていたことが分かった。

また、今年の春に向けては、福澤式トレーニングを採用して、ビルドアップ(BU)を頻繁にやっていた。

これらの要素は、やはり組み込んだ方が良さそうだ。

そこで、暫定的に次のような基本練習プランを考えてみた。

  • 月:休み/ぷりんジョグ
  • 火:快調走+ぷりんジョグ
  • 水:ポイント練習(BU10K/ミドル走/速めのペース走/インターバル のうち時期に応じて2つを選択し、毎週交互に行う。ペースは緩めから始めて徐々に上げる)+ぷりんジョグ
  • 木:(ぷりんジョグ/快調走+ぷりんジョグ+ウエイト
  • 金:快調走+ぷりんジョグ
  • 土:ゆっくりロング走(疲れないペースで徐々に距離を伸ばす)
  • 日:BU15K+スロージョグ

「ぷりんジョグ」というのは、昔、息子とやっていたゆるジョグの代わりだ。当時、息子のことを「ぷりん」というあだ名で呼んでいたのでこの名前が付いた。練習の最後2キロ程度、15分くらいを、キロ6~7分のゆるジョグにして、しっかりダウンをする。

昼休みや仕事の後にもできるだけ「ぷりんジョグ」をして、走る頻度を上げる。頻度を上げることによって、ランニングエコノミーの改善を期待する。ただし、ぷりんジョグの主たる目的は、毛細血管の伸長と疲労回復なので、疲れるような走り方はしない。

これでとりあえずやってみる。さあ、どんな結果が出るかな?

次のレースは、1月のハイテクハーフマラソン(ハーフ)。その次は2月の府中駅伝(約4キロ)。そして3月に春シーズン本命の「古河はなももマラソン」。

頑張っていきますよ!!!!

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤

走歴23年でフルの自己ベスト更新が2回、8カ月で3000km以上走ってタイムを20分延ばした筆者による「効率の良い練習方法」

走歴23年でフルの自己ベスト更新が2回、8カ月で3000km以上走ってタイムを20分延ばした筆者による「効率の良い練習方法」

こんなタイトルの本があったら誰も買わないだろうな。

ちなみに「タイムを延ばした」っていうのは、タイムを伸ばした(=タイムが良くなった)のではなく、タイムが長くなった(悪くなった)という意味で使ってます。

これ、他でもないダメっ子のこと。

フルマラソンを初めて走ったのは1996年3月の「佐倉朝日健康マラソン」。そのときのタイムが3時間18分。当時は月間100キロも走っていなかったので、効率が良いと周りのランナーに言われたものだった(遠い目)。

フルマラソンはその後、同年夏にシドニーでファンランしてからしばらくご無沙汰し、3回目を走ったのが2012年3月。

ここから毎年、何回かフルマラソンを走っているが、初マラソンのタイムは2015年3月の横浜マラソンでようやく更新できた(3時間11分台)。ベストを1回更新するのに実に19年を要したのであった。

その後、2016年3月のはなももマラソンで再びベストを更新(3時間4分台)。これが今のベスト。

2017年3月からはオーバートレーニング症候群と思われる体調不良に陥り、2018年3月にようやくフルマラソンに復帰。3時間10分で完走した。

それから昨日のさいたま国際まで、8ヵ月で3000キロ以上走ってきて、再び自己ベスト更新に挑戦!と思ったが、3時間28分に逆戻り。

笑っちゃうぐらいの効率の悪さだ。

少しは効率を上げることを研究しようっと(笑)。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤

レース速報:さいたま国際マラソン

さいたま国際マラソン、走ってきました~!

結果は、3時間28分5秒!サブ3.5、達成しました~

・・・って、目指してるのはサブスリーですから!

オーバートレーニング症候群から回復したばかりだった3月の古河はなももマラソンから18分ほどタイムが遅くなった(涙)。

******************

今日はすごく寒くなるという予報だったが、それほど気温は下がらなかった。それでも会場に着いたときは猛烈な北風が吹いていて、体感温度は低かったので、バイクジャージの下に長袖シャツを着た。

ところが、さいたまスーパーアリーナの中で着替えていたら分からなかったのだが、荷物を預けて、トイレに行った後、外に出ると意外に暖かい。会場のアナウンスによると13度になったらしい。しまった、この格好は明らかに暑いわ。いつも気温8度までは半袖なのに。

レースが始まるとスタートから明らかに調子が悪く、全然軽快に走れない。いつも事前の調子が多少悪くても、レースになると調子が上がるのに、今日はそうならない。キロ4分15~20秒で走っているだけで7、8キロで疲労が強くなった。タイムを狙うのは諦め、そこからペースを意図的に落とした。

ペースを落としてからは、フォームに気をつけてペース走にしようと割り切ったが、それでも体が乗ってこない。いくらペースを落としても苦しいままで、次第にフォームに気を配る余裕もなくなった。

最後は、せめて3時間半を切ろうと思い、必死で走ってようやくこの結果。この間の横浜マラソンはファンランで、止まったり写真を撮ったりしながらだったのに、そのときとほとんどタイムが変わらない・・・

************

古河はなももマラソン以降、3千キロ以上走りこんだのに、タイムが伸びないどころか20分近く落ちてしまうとは、正直ガッカリだ。7月1日に練習計画を立ててから161日に及んだプロジェクトがこんな形で終わるとは・・・。

今回はいろんな人が応援してくれたのに、全く情けない (ToT)

不振の原因として一つ考えられるのは、運悪く2週間前から仕事が忙しくなってしまい、ランニング以外の疲労がたまっていたこと。日ごろの練習でも調子がずっと悪かったのは、そのせいかもしれない。

今年4月のハーフマラソンの時も同じだった。

そもそも、前にも書いたけど、今回、さいたま国際マラソンにエントリーしたのは、11月中旬の仕事の繁忙期を避けるためだったのだが、今年は繁忙期の始まりが12月にずれ込んで、ちょうどレースの時期にかかってしまったのだ。

やっぱり、根を詰めて翻訳をずーっと一日中、土日も休まずにやっていると、特に目と頭に疲れがたまり、活力が出てこない。普段の仕事のペースなら平気なのだが、繁忙期は調子が落ちるようだ。

来年は繁忙期が重なるリスクを回避するために、この時期は11月と12月にフルのレースを2本入れて、仕事と重なった方を捨てるという方式を採ろうと思う。

それにしても、今回のレースは本当にいいところなし。意地で完走だけはしたが、フルの距離を走るのがすっかり怖くなってしまった。タイムを狙うには、今日のトラウマを解消するところから始めないと。

大きな飛躍を目指して失敗するのではなく、スモールステップでコツコツ走力を積み上げて、記録を伸ばしていこうと思ってやってきたのだが、小さく前進するどころか大きく後退してしまった。もう50歳も近づいているので、あまり遠回りをしている時間的余裕もないと思うのだが・・・。何ともやるせない気持ちで、しばらく立ち直れそうにない。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
にほんブログ村



育毛・発毛剤