ランニング, ランニング雑感

こんにちは、ダメっ子のぴぴおです。

昨日、4年近く悩まされていたハムストリングス付着部炎に運動器カテーテル治療を受けてきた。

運動器カテーテル治療とは

運動器カテーテル治療でやることは、動脈からカテーテルを痛みの発生源に入れて抗生剤を注入し、悪い血管(モヤモヤ血管)をつぶすという処置。

この治療法は、長引く痛みの発生箇所には不要な血管が異常発生し、そこに神経が絡みついているので、その血管をつぶせば痛みの原因の神経もなくなり、痛みが消失す ...